忙しいアナタにハトムギ茶のような休息を

忙しいアナタにハトムギ茶のような休息を│ハトむぎ情報局

本の内容が頭に入らないと思っている人へ!意識しすぎかも?

2018.2.21

本の内容が頭に入らない、入ってこないと感じている方、もしかしたら、うつ病のサインかもしれません。
日頃の生活を見直そうというサインかもしれませんね。
読書する前にその本に対するいくつかのポイントを考えて読み込むと、頭の中で物語や文章をイメージできるのかもしれません。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

読書に集中するbgmの効果!リラックスで集中力は高められる

読書に集中したい時、あなたはbgmを流しますか? それとも無音?それとも人々の喧騒を好みますか?...

ピアノで小指や薬指がうまく動かない・・そんな時にはコレ!

ピアノの練習をする時に、小指や薬指が思うように動かない・・・ということはありますね。 特に左手...

子猫が抱っこで寝るのは最高の癒しの時間。その子猫の気持ち

大人の猫は飼い主に甘えてきますが抱っこが苦手な子もいますよね?飼い主としてはずっと抱いていたいけれど...

猫が帰ってこない…高齢の飼い猫が姿を消す理由とは?

猫が帰ってこないと心配で心がつぶれてしまいますよね? 高齢の猫ちゃんだと、「もしかして死に場所を求...

里芋の葉っぱが枯れる理由は?里芋を育てるポイントを知ろう

里芋の葉っぱが枯れる時にはどのような理由があるのでしょうか? 大事に育てていたのに収穫前に葉っ...

歌の練習をアパートでしたい!近隣に迷惑をかけない方法とは?

歌の練習をしたいと思っても、アパート暮らしだと自由に歌うことは出来ないですね。 防音工事を業者...

猫が布団に入ってこない理由って何?猫の就寝時の事情を調査

猫と一緒に眠りたいけど、呼んでも布団に入ってこないのには何か理由があるの? と悩む飼い主さんもいる...

友達を検索!フェイスブックの使い方と注意点をまとめてみた

友達をすぐに検索することができるツールとして人気のフェイスブック。気軽に繋がることが出来る反面、面倒...

ピアノの先生と合わない時に先生を変える?それとも変えない?

ピアノの先生と合わない…。 自分が、お子さんが習っているピアノの先生と指導方針や指導方法など、疑問...

デニムを加工してダメージデニムを作る!お洒落なリメイク術

程よくダメージ加工されているデニムってかっこいいですよね。そのアイテムを一つ取り入れるだけでワンラン...

金魚とメダカは混泳できる?同じ水槽で飼う為の条件とは?

ペットとして金魚を飼育していると金魚だけでも泳ぐ姿が華やかで楽しめるのですが、熱帯魚のようにふと何か...

愛犬と散歩に行こう!2匹の犬を一緒に散歩させる時のポイント

犬を飼っている人は、毎日犬と一緒に散歩に出かけますよね!多頭飼いをしている人は、1匹ずつ散歩に行くの...

ミニトマトが黄色に葉が変色する場合の原因や対処法を解説

家庭菜園としてミニトマトを育てている方もいることでしょう。 しかし、気が付いたらミニトマトの葉...

芸術と美術の違いとは?その定義やアートとデザインの違い

芸術と美術の違いとは、何かわかりますか? 美術というと、基本的に何か絵画や彫刻といった視覚的、...

アメリカザリガニを飼育する時には冬眠させる?させない?

アメリカザリガニは本来冬には冬眠するんだとか。では家で飼育しているアメリカザリガニはどうやって冬を超...

スポンサーリンク

本の内容が全然頭に入らない!どうして?

本が大好き!
暇さえあれば本を読んでいますし、暇じゃなくても本を読んでいます!

ページをめくることが大好きなんですよね。
本を読みたいというよりも、ページをめくりたいと思っているのかも…。

よく読むのは「小説」です。

ですが、読んでいる時に物語に入り込み、頭の中に字が映像に変換されやすく内容がスラスラ入ってくるものもあれば、ただ単に文字を追っているという本もあります。

この違いってなんなのでしょうか?

読みたい本を選んでいるはずなのに、内容が頭に入らなかったり、覚えていないってどういうことなのでしょうか?

読書というものは生活の一部でリラックスをするために読んでいる人が多いのではないでしょうか。それを読書はどこか特別な時間、知識を頭に入れようと思って読むと自分で読んでいるのですが頭に入っていかないという現象に陥ることもあるようです。あまり自分で制約をつけると学校の勉強のようになにか押し付けられている感が出てきます。

本はリラックスして頭に詰め込まず読む習慣をつけてみましょう。

本の内容が頭に入らないのは、もしかしたらうつ病のサインかも…

大好きな読書。
本を読むことが大好きで、読書が日課になっていたのに、気が付くと最近読んでないな…
字を追うことが億劫に感じたり、読んだ内容が全然頭に入らなかったりするようになってしまったら?

もしかしたら、うつ病のサインかもしれません。

文字を追うことが億劫に感じることや、読んだ内容が頭に入らないということの他に、長い時間読書をしていることができなくなったという症状も、うつ病のサインとして読み取れます。

自分の生活を振り返ってみましょう。
楽しいと感じていますか?
よく眠れていますか?
休日はありますか?

自分で思っている以上に心と身体が疲れているのかもしれません。

本の内容が頭に入らないのは、脳が怠けてるから!?

脳はナマケモノ!?

脳ってナマケモノだって知ってました?
基本的には脳は休んでいたいんですって!

なので、いったんお休みモードに入ってしまった脳を、フル回転させることが難しくなるようです。

赤ちゃんや幼児にテレビやDVDを見せてはいけないというのは、こういったことから言われているのですね。
テレビは一方的なんです。
テレビを観ていると脳は楽ちんしています。
幼いころから楽を知っている脳は、働きたがりません。

小さい時から、考えることをしてこない脳は、大きくなって勉強しても、勉強モードになりにくいんですって!

テレビやDVDは一方的だという話はよく聞きますが、そのことがどうしてダメなのかと言うことは今まで知りませんでした。
脳がナマケモノで、考えることをしないでいると、考えることをサボる脳になってしまうということなんですね。

たくさんの本を読むのではなく、一冊の本を掘り下げて読む

一日一冊の本を読むという人、いますよね?
テレビに出演されている大学教授やアナリストの方々からよく聞かれる話です。

一日に一冊本を読む…

私は好きな作家の待ちわびた新刊でも、一日で読み上げることはできません。
こういった方々と、凡人の私の脳を比較するのはおこがましいですが、読んだ本の内容は覚えているものなのでしょうか??

違う本を毎日読み続けることは無理ですが、一冊の本を何度も何度も読んで「精読」することなら私にもできるかもしれません。

精読は、本に対する理解度を深めるだけではなく、一つの物事に対してじっくりと取り組む力を養うことができると言えます。
また、こういった作業は達成感を産み、自信につながります。

なんとなく読み進める一文をそのまま読み流すのではなく、その一文に使われている文法を考えることにより、物語への深い知識と理解を得ることができるでしょう。

この「精読」をすることは、本を読むスピードを上げることにもつながってきます。
また、本を読む前に、その本に対するいくつかのポイントを、おさえておくことによって、より理解度を深めることができるでしょう。

物語の流れだけではなく、作者がどうしてこの物語を、書き上げるに至ったのかまでを理解できるまで精読しましょう。

幼児期における絵本の大切さについて

マラソンランナーが、毎日走るように、読書家の方は、毎日本を読みます。

赤ちゃんや幼児期の頃には絵本を使って、たくさんのファンタジーを、体験させてあげましょう。
「悪者は死に、みんな平和に暮らしましたとさ」と言うストーリーを、絵本の中でしっかりと何度も体験させてあげましょう。
こういった絵本で、子供は現実に立ち向かう力を身に着けるのです。
幼児期における、絵本の大切さの一つです。
悪者は退治されて、主人公は平和に暮らすという安心感を、何度も何度も読み聞かせることによって、子供は安心感を得るのです。
この体験の積み重ねは、小学生になっても、中学生になっても、高校生になっても、大人になっても必要な事なのです。

単純に、知識を得るためだけに本は存在しているのではありません。

人生の中で、困難に出会ってしまった時に、乗り越える力が湧いて出てくるのか、そこで立ち止まってしまうのかの違いに、幼児期における絵本とのかかわり方があると言われています。

幼児期に絵本の中で、悪者を何度も何度も成敗した子は、現実で困難にぶつかっても、立ち向かう力があると言います。

一方、幼児期に絵本を通してファンタジーを経験していない子は、現実で困難に立ち向かった時に、乗り越えようとする力を出すことができないと言われています。

本とのかかわり方を今一度考えなおして読書してみてください。

この記事の編集者

ハトムギ情報局

ハトムギ情報局

ハトムギ情報局でゆっくり休んでいってください。何かの役に立てるもの見つかるかもしれませんよ。

WEB SITE : https://hatomugi-info.com

 - 忙しすぎるあなたへ!趣味やペットの話題