忙しいアナタにハトムギ茶のような休息を

忙しいアナタにハトムギ茶のような休息を│ハトむぎ情報局

デニムを加工してダメージデニムを作る!お洒落なリメイク術

2018.8.18

程よくダメージ加工されているデニムってかっこいいですよね。そのアイテムを一つ取り入れるだけでワンランク上のおしゃれになります。

自分の理想のダメージデニムに出会えなかったり、出会えても高くて買えないということもあるでしょう。でも大丈夫!ない時は自分で加工すれば良いんです!

自分で出来るデニムのダメージ加工についてまとめました。

履かなくなった手持ちのデニムや安いデニムでまずは試してみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ピアノで小指や薬指がうまく動かない・・そんな時にはコレ!

ピアノの練習をする時に、小指や薬指が思うように動かない・・・ということはありますね。 特に左手...

金魚とメダカは混泳できる?同じ水槽で飼う為の条件とは?

ペットとして金魚を飼育していると金魚だけでも泳ぐ姿が華やかで楽しめるのですが、熱帯魚のようにふと何か...

猫が布団に入ってこない理由って何?猫の就寝時の事情を調査

猫と一緒に眠りたいけど、呼んでも布団に入ってこないのには何か理由があるの? と悩む飼い主さんもいる...

文鳥が換羽期でイライラ!体調管理に注意してあげて見守ろう!

文鳥は体長5センチほどの小鳥で色鮮やかな羽毛に淡い紅色のくちばしが特徴の可愛らしい鳥ですね。 ...

ピアノの先生と合わない時に先生を変える?それとも変えない?

ピアノの先生と合わない…。 自分が、お子さんが習っているピアノの先生と指導方針や指導方法など、疑問...

愛犬と散歩に行こう!2匹の犬を一緒に散歩させる時のポイント

犬を飼っている人は、毎日犬と一緒に散歩に出かけますよね!多頭飼いをしている人は、1匹ずつ散歩に行くの...

セキセイインコがおしゃべりを始める前兆ってどういう行動?

セキセイインコと言えば美しく色鮮やかな風貌と懐きやすさ、また「おしゃべり」が魅力の人気の小鳥ですよね...

芸術と美術の違いとは?その定義やアートとデザインの違い

芸術と美術の違いとは、何かわかりますか? 美術というと、基本的に何か絵画や彫刻といった視覚的、...

人参の栽培では「へた」の再利用!捨てる前にこんな活用も?

人参のへたを使って簡単に葉っぱの栽培をしてみませんか? 可愛らしい人参の葉は、目の保養にもなり...

犬の騒音【犬の無駄吠え】の対策!飼い主も出来ることを!

犬の騒音は近所迷惑に・・・。皆さん対策していますか? 対策をしないとご近所トラブルに発展してし...

子猫が抱っこで寝るのは最高の癒しの時間。その子猫の気持ち

大人の猫は飼い主に甘えてきますが抱っこが苦手な子もいますよね?飼い主としてはずっと抱いていたいけれど...

スノボのグラトリの種類と練習方法って?スノボ初心者必見!

スノボのグラトリの練習方法が知りたい! グラトリとは、平地で行うイカしたトリックの総称で、バリ...

アメリカザリガニを飼育する時には冬眠させる?させない?

アメリカザリガニは本来冬には冬眠するんだとか。では家で飼育しているアメリカザリガニはどうやって冬を超...

ミニトマトが黄色に葉が変色する場合の原因や対処法を解説

家庭菜園としてミニトマトを育てている方もいることでしょう。 しかし、気が付いたらミニトマトの葉...

里芋の葉っぱが枯れる理由は?里芋を育てるポイントを知ろう

里芋の葉っぱが枯れる時にはどのような理由があるのでしょうか? 大事に育てていたのに収穫前に葉っ...

スポンサーリンク

デニムのダメージ加工に必要な道具は?

ダメージ加工というと専門用具は必要な感じがしますが、家にある物や100均などでも簡単にそろえる事が出来ます。

 

まず穴を開けるダメージを作るにはハサミやカッターを利用します。好みのほつれを出すためにはピンセットや毛抜きなどを利用して横糸を一本ずつ好みのダメージになるように出していきましょう。

 

チョットしたダメージを出すならおろし金を利用して、擦り切れた感じを作ってみて下さい。

 

色を落とすならメラミンスポンジやサンドペーパーが手軽です。

 

いきなり程よいダメージ加工を作るのはなかなか難しいので、お手本とするダメージジーンズをスマホの画像などで用意するといいですよ!

 

またカッターなどを使う時は、裏まで貫通してしまわないように厚紙や段ボールなどを挟んで使用しましょう。

簡単に加工可能!デニムをダメージジーンズにする方法

もっと簡単にダメージ加工をしたいという方におススメなのが洗濯機を使った方法。

 

まずは自分の好みの位置にハサミを入れてダメージを作ります。

そして後は洗濯機に入れて洗濯をするのみ!むかし穴の開いたジーンズが洗濯をするたびにほつれが大きくなっていきましたよね。

 

同じように切込みを入れたダメージも洗濯をするたびにイイ感じになっていきます。

 

白い横糸が目立つクラッシュを作りたい場合は上記したようにピンセットなどを使って、一本ずつ横糸をダメージ部分からほぐしていきましょう。

 

この方法だと、時間は少々かかりますが自分の好みの大きさのクラッシュを作る事が出来ますよ。

 

糸をとる時もやすりを使うと自然な感じに仕上がりますのでお試しを!

コツは大きな切れ込みを入れるよりも、小さな範囲で2か所に切込みを入れて少しずつ大きくしていく事です。

裾をダメージ加工してカットオフデニムを作る方法

最近はやっているのがジーンズの裾を切りっぱなしにしたカットオフデニム。

こちらのダメージジーンズも自分で作る事が可能です。

 

しかし適当に裾を切るだけでは丈が短くなり過ぎてしまったりと失敗してしまう事もあります。必ず切る前に好みの長さに印をつけてから始めましょう。

印をつけたらほぐす事を考えて、ほんの少し長めにカットしていきます。真っすぐにチョキンと切ってしまうと素人感が出てしまうので、わざとザクザクと切れ目がガタガタになる事を意識してカットします。

 

イメージがわかない時は、やはり見本になる画像などがあるといいですね。

 

カットが終わったら裾をほぐしていきます。この時も全体の感じを見ながらピンセットを使って横糸を1本ずつほぐしていった方がイイ感じに仕上がります。

初めてダメージジーンズを作るときは安いデニムを加工しよう

始めてデニムのダメージ加工をする時は失敗も考えて安いジーンズを利用する事をオススメします。
お気に入りのジーンズや高いジーンズを使って失敗しまうと、切ったり穴を開けたりしているで取り返しがつきません。まずは手持ちの安いジーンズや、今すでに少し天然のダメージがあるものを使うと良いでしょう。

 

加工の仕方は先ほども紹介したように、ダメージを施したい場所をカッターやハサミなどで切込みを入れます。

 

それだけでは「切りました!」という感じがものに出てしまうので、切込みを数か所入れて後は適当にほぐしていきます。

 

糸をほぐしてクラッシュを作る時は、しつこいようですがピンセットを使うとお好みの感じを自由自在に作る事が出来ますよ。

 

ちなみに私は手でワイルドに手で割いていたら、もろくなったジーンズの切れ目から縦に亀裂が入ってしまい失敗に終わりました。

 

ワイルドさがポイントのダメージジーンズですが、作る時は繊細さが必要です!根気よく糸をほぐしてください。

デニムのダメージ加工に失敗してもワンランクおしゃれにする技も

ダメージ加工をしたデニムはそのダメージを作った個所からダメージが広がってデニムがクラッシュしてしまうことがあります。

 

デニムは頑丈だといってもやはりダメージ加工はデニムに傷をつけて加工しますからダメージ完成後に履いてているとそのダメージ個所から破れて、穴が広がっていくことがあります。

 

そこでデニムのダメージ個所が大きく開く前にいいアイデアがあります。

 

デニムの裏側からデニムに当て布をしてデニムの雰囲気を変える

膝など破れやすい箇所に裏側から自分のコーディネートにあうような当て布をあてて補強しましょう。当て布をすることにより、ワンランク上のおしゃれコーディネートが完成します。これができるようになるとおしゃれの幅が格段に上がること間違いなしです。

 

当て布の選び方のポイントは2つあります。

 

・デニム生地+デニム生地

ダメージ個所に裏から色の濃さの違うデニムで補強することにより表から見ると自然なアクセントとなります。

 

ポイントは色の濃さをある程度合わせることです。色をある程度合わせることにより不自然さがなくなります。初めての人はデニムの裏から補強する前に色合わせをしてみて不自然なグラデーションにならないかチェックしてから補強しましょう。

 

補強する糸の色選びも重要なポイントです。できるだけデニムに近い色で補強するといいでしょう。

・デニム生地+色合いや素材の異なる生地

デニム素材+素材や柄物の補強の組み合わせができるようになるとあなたはおしゃれ上級者です。

色合いの違う生地や雰囲気の違う当て布を補強に使えるようになるとあなたの持っているダメージデニムの雰囲気はガラッと変わります。

 

ただし注意しなければいけないのは補修の生地選びにセンスが必要なことと補強する糸の雰囲気も頭の中で組み立てながら補強しないとかなりの違和感が出てしまいます。

 

 

 

ダメージデニム加工が上手になった人は一度試してみてはいかがでしょうか。ここまでデニムをカスタマイズできると世界で唯一のおしゃれデニムを自分で生み出せるかもしれません。

ダメージ加工のデニムを長持ちさせる洗濯方法

好みのダメージジーンズを作ったら洗濯方法に注意が必要です。出来上がったジーンズをガラガラと洗濯機で洗濯をすると、丁度良かったダメージジーンズがやりすぎのダメージジーンズにあっという間に変化していきますよ!

 

これ以上のダメージが加わらないように洗剤もオシャレ着用の洗剤などを利用します。

 

そしてジーンズは裏返して、なるべくダメージ部分が表にこないようにネットに入れて洗濯をしましょう。

 

ここまで丁寧に扱っても、いつもの標準コースで洗濯をしてしまうと手順が無駄になってしまいます。

 

洗濯機のコースはドライや手洗いコースを使う事をオススメします。こうする事で摩擦が少なくなり、好みのダメージをより長く楽しむことができます。

 

もちろん沢山の洗濯物と一緒に洗濯をすると、それだけ摩擦が多くなって生地が傷みますので単独で行う方がいいです。

 

気になる汚れがある時は洗濯機に入れる前に、手洗いでポイント的に染み抜きを行っておきましょう。

 

洗濯が終わったら、色あせや生乾き防止の為裏返して日陰の風通しの良い場所で乾燥させてください。

この記事の編集者

ハトムギ情報局

ハトムギ情報局

ハトムギ情報局でゆっくり休んでいってください。何かの役に立てるもの見つかるかもしれませんよ。

WEB SITE : https://hatomugi-info.com

 - 忙しすぎるあなたへ!趣味やペットの話題