忙しいアナタにハトムギ茶のような休息を

忙しいアナタにハトムギ茶のような休息を│ハトむぎ情報局

金魚とメダカを飼いやすさで調査!学校の自由研究にもピッタリ

2018.6.24

お家に金魚やメダカなどの観賞魚がいるだけで、お部屋の印象がガラっと変わりますよね。これから魚を飼いたいと思っている場合、まずは金魚にしようかメダカにしようかで迷うと思います。

金魚とメダカ、飼いやすさで言えばどちらの方に軍配があがるのでしょうか。

どちらも生き物には変わりないので、最終的には飼育するあなたの判断によるかもしれません。
金魚とメダカの飼い方も合わせてご覧ください!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

読書に集中するbgmの効果!リラックスで集中力は高められる

読書に集中したい時、あなたはbgmを流しますか? それとも無音?それとも人々の喧騒を好みますか?...

犬がヘルニアに…薬で治る?治療方法と事前に保険の検討も!

犬も人間と同じな病気にかかるので、ヘルニアにもなります。 まだ症状が軽いうちならば、薬や注射の...

金魚とメダカは混泳できる?同じ水槽で飼う為の条件とは?

ペットとして金魚を飼育していると金魚だけでも泳ぐ姿が華やかで楽しめるのですが、熱帯魚のようにふと何か...

文鳥が換羽期でイライラ!体調管理に注意してあげて見守ろう!

文鳥は体長5センチほどの小鳥で色鮮やかな羽毛に淡い紅色のくちばしが特徴の可愛らしい鳥ですね。 ...

友達を検索!フェイスブックの使い方と注意点をまとめてみた

友達をすぐに検索することができるツールとして人気のフェイスブック。気軽に繋がることが出来る反面、面倒...

ピアノの先生と合わない時に先生を変える?それとも変えない?

ピアノの先生と合わない…。 自分が、お子さんが習っているピアノの先生と指導方針や指導方法など、疑問...

ミニトマトが黄色に葉が変色する場合の原因や対処法を解説

家庭菜園としてミニトマトを育てている方もいることでしょう。 しかし、気が付いたらミニトマトの葉...

セキセイインコにヒーターは必要?最適な温度と使うポイント

セキセイインコは温かい地方に住んでいる鳥なので寒い時はヒーターを付けて温度管理が必要だという話を聞き...

本の内容が頭に入らないと思っている人へ!意識しすぎかも?

本の内容が頭に入らない、入ってこないと感じている方、もしかしたら、うつ病のサインかもしれません。 ...

子猫が抱っこで寝るのは最高の癒しの時間。その子猫の気持ち

大人の猫は飼い主に甘えてきますが抱っこが苦手な子もいますよね?飼い主としてはずっと抱いていたいけれど...

芸術と美術の違いとは?その定義やアートとデザインの違い

芸術と美術の違いとは、何かわかりますか? 美術というと、基本的に何か絵画や彫刻といった視覚的、...

野良猫の鳴き声が赤ちゃんみたい!?その理由と子猫の扱い方

野良猫の鳴き声が赤ちゃんみたいな鳴き声に聞こえることってありませんか? 夜になると、何やら野良...

アメリカザリガニを飼育する時には冬眠させる?させない?

アメリカザリガニは本来冬には冬眠するんだとか。では家で飼育しているアメリカザリガニはどうやって冬を超...

スノボのグラトリの種類と練習方法って?スノボ初心者必見!

スノボのグラトリの練習方法が知りたい! グラトリとは、平地で行うイカしたトリックの総称で、バリ...

ピアノで小指や薬指がうまく動かない・・そんな時にはコレ!

ピアノの練習をする時に、小指や薬指が思うように動かない・・・ということはありますね。 特に左手...

スポンサーリンク

金魚とメダカ!飼いやすさで選ぶならどっち?

観賞魚を飼う場合に候補に上がる「金魚」と「メダカ」ですが、どっちが飼いやすいのでしょうか?

まず、飼う目的が「繁殖を楽しみたい」ということであれば、産卵数の少ないメダカの方がよいでしょう。観察もしやすく、学校など夏休みの自由研究にもピッタリの魚ではないでしょうか。

しかし、長生きする方がいいとなると金魚になります。メダカは体格が小さいので、ちょっと体調が悪くなってしまうと、命を落としてしまうことになります。

ただ、金魚は排泄量が多いので、水質を維持するために濾過機が必要となるでしょう。しかしメダカであれば、その飼育数によりますが必要はないでしょう。

基本的には、メダカの方が飼いやすいと言われていますが、どちらも飼ったことがある人に聞いてみると大差ないようです

まずは基礎知識を身に付けて、自分にとってどちらがよいのかを考えた方がよいでしょう。

金魚とメダカ、飼いやすさで言えば甲乙つけがたい!?

金魚とメダカ、体格の面で考えるとメダカの方が飼いやすいという人も多いようです。金魚よりも体が小さいので、餌や酸素の量、そして水の量も少なくて済むからです。そして場所も取りません。ただし、メダカを飼う場合でも、ダルマメダカなど種類によっては注意が必要なものあります。

反対に、金魚は餌をたくさん食べます。その分排泄量も多いので、水質が悪化しやすいのがデメリットと言えるのかもしれません。

さらに、体が丸くて体高の高い琉金や背びれのないランチュウなど、フナの原型から体型が離れていくものほど泳ぐことも得意ではありません。そして飼育が難しくなると言われています。

初心者が金魚を飼うのであれば、和金と呼ばれるフナに近い体型の小赤やコメット、朱文金にしましょう。それであれば泳ぎも得意なので、飼いやすいようです。

金魚を飼うことのメリットは「長生き」だということでしょう。きちんとした飼育方法を身に付けることができるのであれば、金魚を飼育してみてもよいのではないでしょうか?

飼いやすさじゃ負けない!?金魚とメダカに並ぶ「ベタ」とは?

金魚もメダカも比較的に飼いやすさでいえばおなじみの魚ですが、「ベタ」という魚も飼いやすいと言われています。

色鮮やかな体色と優雅な長いヒレを持っているので、美しい魚としても知られているのですが「闘魚」とも呼ばれています。

飼いやすいと言われている理由は、体のしくみにあるかもしれません。ベタには「ラビリンス器官」と呼ばれる呼吸器官があるため、空気から酸素を得ることができます。そのため、コップ1つあれば飼うことができるのです。

さらに、悪化した水質にも強く、濾過フィルターが無くても飼うことができます。これが金魚とは違うところかもしれません。

しかし、「闘魚」とも呼ばれているため、気が強く好戦的です。オス同士を同じ水槽に入れてしまうと、とぢらかを倒すまで戦ってしまいます。

場合によってはオスとメスでも戦うこともあります。飼うのであれば1匹だけの方が良いでしょう。

濾過フィルターが無くても飼うことはできますが、あった方が健康状態を保つことができます。その場合は水流を弱くしてあげた方がよいでしょう。

飼いやすさで人気があるメダカ、飼育する際の注意点は?

どの魚でも同じですが、今までいた環境(川や池、ペットショップなど)が変わると、最初は驚いてしまうことがあります。また、新しい環境に合わなくて弱ってしまうことさえあるのです。

そのため、メダカの場合は最初に迎える時の水に注意しましょう。

まず、水はカルキ抜きが必要です。バクテリアを定着させた水を用意しておいた方がよいでしょう。元の環境の水も少し入れてあげて、めだかに慣れてもらうようにしましょう。
ミネラルウォーターなら良いのでは?と考えるかもしれませんが、水がきれいすぎるのはNGです。メダカには適していません

水道水を一昼夜放置しておくとカルキ抜きができます。又は市販の薬剤を使用してもよいでしょう。

メダカを飼うのであれば、酸素供給や隠れ場所、産卵場所に必要な水草を入れてあげなくてはいけません。その入れる植物に余計なものなどがついていないか、しっかりとチェックしましょう。

外来種の植物は日本の植物よりも注意が必要です。メダカに良くない虫がついていたり、農薬がついていることもあるからです。

植物を買う時には、原産地なども確認するようにしましょう。

飼いやすさと親しみやすさで人気の金魚、飼い方のコツは?

金魚に与えるエサには、人工飼料と天然飼料の2種類あります

人工飼料にはフレーク状と粒状のものがありますが、フレーク状のものの方が金魚が反応しやすいようです。しかし、水の中で細かくなってしまうので、水質悪化の心配があります。

粒状のものの中には水の浮くタイプのものがあります。それであれば、もし食べ残しがあった場合でも取り除きやすくなります。水の中に沈んでしまうタイプのものもありますが、金魚が残さずに食べれる量をあげれるのであれば問題ないでしょう。

金魚に与えるエサの中でも、赤虫やミジンコなどの天然の飼料は美味しいので好んで食べます。しかし値段が高いので、毎日あげるのは大変かもしれません。

金魚はいっぱい与えればその分食べてしまうので、エサの量に悩んでしまうこともあるでしょう。パクパク食べる姿もかわいいものです。

1日に与えるエサの量の目安は、金魚の頭の大きさの約5分の1くらいです。しかし、一度に与えてしまうのも問題です。食べ残しが発生してしまうからです。

エサをあげてから3分以内に食べきれる量で、何回かに分けてあげるようにしましょう。

この記事の編集者

ハトムギ情報局

ハトムギ情報局

ハトムギ情報局でゆっくり休んでいってください。何かの役に立てるもの見つかるかもしれませんよ。

WEB SITE : https://hatomugi-info.com

 - 忙しすぎるあなたへ!趣味やペットの話題