忙しいアナタにハトムギ茶のような休息を

忙しいアナタにハトムギ茶のような休息を│ハトむぎ情報局

読書に集中するbgmの効果!リラックスで集中力は高められる

2018.6.30

読書に集中したい時、あなたはbgmを流しますか?
それとも無音?それとも人々の喧騒を好みますか?

読書に適しているBGMは色々ありますが、一つ言えることは、自分がリラックスしている状態であるということです。

リラックスして大好きな物語の世界に入り込んでみませんか?

音楽がもたらす脳波への影響と、読書環境についてまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

デニムを加工してダメージデニムを作る!お洒落なリメイク術

程よくダメージ加工されているデニムってかっこいいですよね。そのアイテムを一つ取り入れるだけでワンラン...

金魚とメダカを飼いやすさで調査!学校の自由研究にもピッタリ

お家に金魚やメダカなどの観賞魚がいるだけで、お部屋の印象がガラっと変わりますよね。これから魚を飼いた...

セキセイインコにヒーターは必要?最適な温度と使うポイント

セキセイインコは温かい地方に住んでいる鳥なので寒い時はヒーターを付けて温度管理が必要だという話を聞き...

アメリカザリガニを飼育する時には冬眠させる?させない?

アメリカザリガニは本来冬には冬眠するんだとか。では家で飼育しているアメリカザリガニはどうやって冬を超...

文鳥が換羽期でイライラ!体調管理に注意してあげて見守ろう!

文鳥は体長5センチほどの小鳥で色鮮やかな羽毛に淡い紅色のくちばしが特徴の可愛らしい鳥ですね。 ...

愛犬と散歩に行こう!2匹の犬を一緒に散歩させる時のポイント

犬を飼っている人は、毎日犬と一緒に散歩に出かけますよね!多頭飼いをしている人は、1匹ずつ散歩に行くの...

友達を検索!フェイスブックの使い方と注意点をまとめてみた

友達をすぐに検索することができるツールとして人気のフェイスブック。気軽に繋がることが出来る反面、面倒...

子猫が抱っこで寝るのは最高の癒しの時間。その子猫の気持ち

大人の猫は飼い主に甘えてきますが抱っこが苦手な子もいますよね?飼い主としてはずっと抱いていたいけれど...

人参の栽培では「へた」の再利用!捨てる前にこんな活用も?

人参のへたを使って簡単に葉っぱの栽培をしてみませんか? 可愛らしい人参の葉は、目の保養にもなり...

ミニトマトが黄色に葉が変色する場合の原因や対処法を解説

家庭菜園としてミニトマトを育てている方もいることでしょう。 しかし、気が付いたらミニトマトの葉...

セキセイインコがおしゃべりを始める前兆ってどういう行動?

セキセイインコと言えば美しく色鮮やかな風貌と懐きやすさ、また「おしゃべり」が魅力の人気の小鳥ですよね...

金魚とメダカは混泳できる?同じ水槽で飼う為の条件とは?

ペットとして金魚を飼育していると金魚だけでも泳ぐ姿が華やかで楽しめるのですが、熱帯魚のようにふと何か...

里芋の葉っぱが枯れる理由は?里芋を育てるポイントを知ろう

里芋の葉っぱが枯れる時にはどのような理由があるのでしょうか? 大事に育てていたのに収穫前に葉っ...

ピアノで小指や薬指がうまく動かない・・そんな時にはコレ!

ピアノの練習をする時に、小指や薬指が思うように動かない・・・ということはありますね。 特に左手...

野良猫の鳴き声が赤ちゃんみたい!?その理由と子猫の扱い方

野良猫の鳴き声が赤ちゃんみたいな鳴き声に聞こえることってありませんか? 夜になると、何やら野良...

スポンサーリンク

読書に集中するにはbgmがあるといいというその理由は?

人によって違いもあるので一概には言えませんが、読書をするなら静かな場所がいいとされています。図書館に行けばわかると思いますが人のささやき声以外は無音ですよね。

ですが、もし騒がしい環境や物音が気になる場所であった場合は、音楽を聴いた方が周囲を気にせず読書に集中できます。

人間の脳は、人が起きて生活しているときには微弱な電流が流れています。このときの電流の波形を「脳波」と言います。

脳波にはアルファ波・ベータ波・シータ波・デルタ波・ガンマ波の5種類があります。

その中でもアルファ波やシータ波は人の体がリラックスしているときに脳内でより多く発生するとの検証結果が出ています。

読書する時にbgmが流れているとよりアルファ波やシータ波が脳内で発生しやすくなる状況を作り出せれば集中して読書ができるということです。ただし勘違いしてはいけないのが読書をするときに聞くbgmはどんな曲でもいいわけではないということです。自分の好きな歌手の歌をbgmにして読書をしても脳内ではアルファ波やシータ波は発生しにくいことが研究で分かっています。

集中して読書をするためには、シータ波を脳内でたくさん放出する状況を作ることが読書に集中できる鍵なのです。

ではどんな選曲でどんな音量だったら読書に集中できるのでしょうか?

読書に集中できるbgmはこんな曲が良い

読書中に集中力が上がるbgmが欲しいと思ったら、次に挙げる3つポイントを押さえておきましょう。

【1】大好きな曲はNG!歌詞がないクラシックやゆったりしたbgmがベスト

自分の大好きな曲を聴いているとついつい口ずさみたくなったり、ノリノリになってしまうこともありますよね。しかし今は読書の話です。自分の好きな音楽は読書をせずに聴きましょう。

このことからも読書時のbgmは曲だけで歌詞のないものを選ぶと効果的です。

【2】読書の時のbgmは耳にあまり入ってこない穏やかなものを

思い出してみて下さい。小学校の頃のお昼の食事の時間に流れていたbgmを。

なぜゆったりしたクラシック音楽を学校のお昼の食事の時間に流していたのでしょうか。

お昼の給食やお弁当を食べながらゆったりしたbgmを聞くことでリラックスした状況が

自分では意識していなくてもアルファ波やシータ波を脳内で作り出していたのかもしれませんね。あくまで無意識でリラックスできる環境ができれば最高の読書の時間が作れる。そのポイントがbgm選びなのです。

あまり激しい曲調やテンポが速い曲は避け、読書の時のbgmは静かな曲調を選ぶことをおすすめします。

【3】ばらばらの曲のチョイスはNG!曲は統一感のあるゆったりとした曲を

ゆったりとした曲から急に曲調が変化するようなbgmも読書時の集中力が切れる原因のひとつです。さざ波や川の流れ、葉擦れ、小鳥の鳴き声などのネイチャーサウンドや森の中にいるような雰囲気にしてくれるような統一感のある曲を選ぶと読書には効果的です。

ジャンルの違う曲を混ぜて聞くよりも、統一されたいイメージの方が集中できます。

読書に集中できる場所って?bgmは必要?読書が進むシーンとは

■電車の中

社会人や場合によっては学生も、読書の取りやすい時間の一つは通勤中の電車ではないでしょうか。

たまたま用事があって移動では、いつもと違う到着駅にどれくらいで着くのか、乗り換えや乗り継ぎを気にするなど、集中できないと思います。

しかし、通勤中の「いつもの」電車での移動中なら時間や周囲の雰囲気から乗り過ごすことはあまりないと思います。

■カフェ

読書する環境としてあまり静かな状態よりも、適度な音はあった方が良いとも言われます。

あまり騒がしくてもいけませんが、適度なざわめきは読書の環境に向いています。

それに、飲み物や食べ物が欲しくなっても注文すればすぐに準備できるのも嬉しいところです。ただし店員さんの目線が気になるお店は読書に適していません。ほかの店を探しましょう。

■自分の部屋

やはり落ち着けるといえば自分の部屋。

一人暮らしや、自分だけの部屋がある場合は最適といえるでしょう。

もし、家族や同居人がいる場合に読書を邪魔されたくなければ、あらかじめひとこと言っておくか、就寝前の時間を読書に充てるといいでしょう。

脳をリラックスさせて読書をしましょう!

読書には、多少音楽や雑音があった方が良いという説は、脳波と関係しています。

人間の脳は周波数によっていくつか違いがあり、その中でも読書により適しているとされるのはアルファ波とシータ波。

アルファ波が出ているときの脳は、リラックスして集中した状態です。

多くの実験や研究から、このタイミングで読書をすると集中力や記憶力がある状態なので読書や勉強、スポーツをするのにも適しているのです。

シータ波は別名「まどろみ波」とも言われ、まどろんでいる状態や瞑想状態にあるときに検出されます。

読書で集中しているときに出ているのはシータ波だとされており、自分の周辺でかかっている音楽に同調する性質があります。

このことから、脳がシータ波の状態でリラックスできるbgmを聴くことは、読書に集中するにも効果があると考えられます。

読書に必要なのはbgmの種類ではなく自分がリラックスできる環境が大事

読書するときの音楽は必要であると言えます。

読書は落ち着いた状態でなければ集中しにくいものです。心を穏やかに、多くの情報を脳にインプットするための状態を作ることが大切になります。

特に小説や思想書は、自分経験したことのない世界観でもイメージし、受け取るために集中力が必要になります。

どうせ文章に没頭してしまうのだから、音楽など無意味ではないかと考える人もいるでしょう。

しかし、まず「脳がリラックスして集中した状態」を作るために、音楽を聴くことが読書には効果的なのです。

先ほどとは少し矛盾しますが、bgmで自分の大好きな曲が一番リラックスできて読書の内容も頭の中に私は入ってくるという人は自分の好きな曲をかけても全然問題はありません。要は「そのbgmが読書の邪魔をしなくて私にはリラックスできる曲」であればどんな曲をbgmに利用してもいいと私は思います。あくまで私個人の見解ですが・・

好きな音楽は、リラックスし落ち着いて読書を楽しむ環境を作ることができる人もたくさんいるのかもしれません。

この記事の編集者

ハトムギ情報局

ハトムギ情報局

ハトムギ情報局でゆっくり休んでいってください。何かの役に立てるもの見つかるかもしれませんよ。

WEB SITE : https://hatomugi-info.com

 - 忙しすぎるあなたへ!趣味やペットの話題