忙しいアナタにハトムギ茶のような休息を

保険の営業を友達からされた時!は相手の見極めが重要

生命保険や傷害保険って大切なのはわかるけど、しつこく営業されるのは困りますよね。

しかもそれが友達からだったらなんて断ったらいいのかわからないものです。

万が一の為に大切なものですが友達だからと簡単に決めることはできません。

そんな保険の営業を友達にされた時についてをご紹介します!

保険の営業を友達にされても簡単に契約しないで!

保険の営業を友達や知り合いからされて困ったという方も多くいるのではないでしょうか?

ですが、保険は安い買い物ではありません。頼まれたからと言って簡単に入るのは絶対にやめましょう。

また友人からの営業の場合、年に数回は会って話す関係であることが必要です。

年に1度も会わないような友人からの営業は友達との関係はすでになくただの営業と考えた方がいいでしょう。

本当の友達なら、関係が壊れる可能性があるようなことはしません。

本当に自分の事を考えた保険なのかもわかりませんし、解約もしにくくなります。

なので、生命保険に加入するときには何の関係もないような他人から契約するのが一番なのではと思います。保険という商品は友達付き合いで入るものではないものです。

自分の人生の非常に重要な契約だということを理解しておきましょう。

保険は万が一の時にとても助かりますが、毎月何十年と支払っていかないといけないとても高い買い物です。いざ契約!となった後で相手が一切連絡してこない、連絡しても返信が来ない場合は営業だけが目的だったということもあります。

友達だからと安易に契約することだけは絶対にやめましょうね!

保険の営業で友達を無くすのは話し方に問題がある

保険の営業をすると友達に嫌われるなんて話を聞いたことありませんか?

保険の営業にたいして悪いイメージを持っている人はとても多いと思います。

ですがこのイメージは少し間違っています。保険の営業をするから嫌われるのではなく嫌な営業をするから嫌われてしまうのです。

保険の営業に関わらず、何の営業でも嫌がることをすれば嫌われます。自分に必要のないものを強引に営業されてもいい気分になりませんよね。

友達に「今保険の営業の仕事してるから今度見積もり持ってきていい?」なんて話をしたら嫌がられるにきまっています。

会うたびに保険の話ばっかりしていたら、あいつとはもう会いたくないとなって友達を無くしてしまいます。

そうではなく、「今保険の営業の仕事してるから、何か役に立つことがあったら言ってね」といっておいたら、嫌な気持ちにはなりませんよね。

また、本当に困った時に頼りにしようと思いませんか?保険の営業ではいかにこのような声掛けができるかが重要なんだと思います。

保険の営業を友達にされた時の定番の断り方

保険の営業での定番の断り方は、「親や親戚から入っています」です。

ですが、このような断り方は定番すぎるので、保険の営業の方もこのように断られた時の話術を持っています。

「信頼できる人から入っている保険なのでとてもすばらしい保険なんだと思います。」とまずは褒めます。

それから、「ですが今どのような保険に加入されているかご存知ですか?」「良ければ一度保険の内容を見させていただけませんか?」と次回のアポを取ってきます。

そして、次に来た時に保険の内容を説明してきます。そして「今の自分に合った内容になっていますか?」と聞いてきます。

ここで合っていないなんて答えたら営業の方はここぞとばかりに現在の状況に合う保険を営業してきます。

もし合っていると答えた場合でも「このように保険内容を確認することが出来て役に立てましたか?」と聞いてきます。

ここでは「はい」と答えてしまう方が多いと思います。すると「このように役に立ちたいので誰か紹介してもらえませんか?」と求めてきます。

保険の営業を友達が初めても信用できるまでには時間が必要?

保険の営業をしている友達は本当にあなたの事を思って営業をしているかもしれません。

保険は万が一のために入っていて損はありませんし、とても役に立つものです。ですが、その肝心の内容をしっかり理解している人は少ないのではないでしょうか?

なので、大切な友人だからこそしっかりそのことを教えてくれようとしているのかもしれません。

しかし、友達が保険の営業の仕事を始めたと聞いたら、あまりいい気持ちがしないという方は多いと思います。自分に営業をして来たら困ると思ってしまうのが一番の理由なのかもしれません。

また、もし友達から保険を加入したとしても保険の営業は続かないとも聞くので、友達が仕事を辞めてしまったらどうしようとも思ます。

なので、もし保険の営業を友達が始めたとしてもすぐに信用して保険に加入できるという人は少ないと思います。

友達が仕事を辞めず誇りに思い、頑張って活躍している姿を見ることができたときにやっと信用できる物なのです。

保険の営業をしてる友達から加入するメリットについて

保険の営業をしている友達から保険を契約するのはメリットもあります。

まずは友達という事で、変な商品を紹介される事はまずないでしょう。知っている人だからこそその人に合った商品を紹介してくれます。

なので納得のいく保険に加入できると思います。また、新しい保険が出たりしたときには、知らせをもらったりそれに移行する方法なども教えてもらえます。

そして、保険は加入するときには簡単にすることができてもいざ利用するときには手続きが面倒だったりします。そんな時でも、友達だからこそ手を借りることができスムーズに手続きを済ませることが出来ると思います。

友達が保険の営業を始めると距離を置きたくなってしまうこともあると思いますが、友達から加入するメリットもあるという事を頭に入れておいてくださいね!

MENU