忙しいアナタにハトムギ茶のような休息を

忙しいアナタにハトムギ茶のような休息を│ハトむぎ情報局

セメントとモルタルの強度とは?セメントとモルタルについて

2018.11.22

DIYの上級者ともなると、セメントやモルタルを使う人もいるのではないでしょうか?
セメントやモルタルの強度はどのくらいなのでしょうか?セメントやモルタルの違いとは?

セメントやモルタル、コンクリートの特徴を紹介します。また。おすすめなインスタントセメントとはどんなものなの?値段の違いはどこで決まる?

DIYに役立つセメントとモルタル!使い方のポイントやコツについて。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

うなぎの白焼きと蒲焼きのアレコレ!色んなアレンジも可能!

うなぎといえば頭に浮かぶのは「蒲焼き」かもしれませんが、実は「白焼き」もあります。 ではその違...

小学校の先生に贈るプレゼント!何がいいか先生に聞いてみた

お世話になった小学校の先生へプレゼントを贈るときは、何を贈ったら良いのか悩みなすよね。 では、...

在庫確認の電話の仕方!確実に欲しい物を入手するコツとは?

欲しい商品があってお店に在庫確認の電話を掛けたい時は何て問い合わせしたらいいのか迷ってしまうこともあ...

ブリッジができないのはなぜ?ブリッジはダイエットにも効果が

子供の頃はできたのに、大人になってからブリッジができないのはなぜでしょうか? ブリッジができる...

クリスマスの簡単なプレゼントの作り方!アイデアで楽しもう♪

クリスマスに子供と一緒にみんなでパーティー!楽しいですよね。 子どもと一緒に手作りプレゼントを...

運転免許の学科試験の合格点は●●点!試験前に確認で一発合格!

運転免許の学科試験は難しいと感じる人もいるようですが、合格点は何点なのでしょうか? 学科試験は...

外国人が日本に来て○○に驚く!ザ・サプライズ調査

外国人の観光客に「日本に来て驚くこと」を色々聞いてみました。 国が違えば驚く視点も本当に人それ...

娘が離婚…実家に戻る場合に考えておくべき豆知識とは

娘が離婚して実家に戻ることになりました。 受け入れる実家側は、出戻り娘をどう思うもの? ...

姪っ子へのプレゼントはいつまで渡す?辞め時のタイミングは?

姪っ子や甥っ子って、かわいいですよね? 赤ちゃんの頃はお祝い事がたくさんありますし、実家に集まる時...

路上教習中の事故はどんな事故が多い?責任は一体誰にある?

路上教習になると一般道を運転することになるので、事故を起こしてしまったら・・・と怖くなりますよね。...

友達からの泊まりの断り方を調査!泊めたくない時何て言う?

友達が突然家に泊まりたいと言ってきたらあなたはどうしますか?泊めてあげますか?それとも断りますか?...

イタリアの南部と北部の様々な違いはココ!旅行の参考に!

イタリア南部と北部では同じイタリアでも違うところは多いの? どんな所が違うの?旅行に行くには南...

アラサーとアラフォーの違いは?色んな角度から調査してみた

アラサー、アラフォーという言葉は、どちらも年齢を表している言葉です。大体の意味は知っているけど、実際...

木の根っこを枯らす効果的な方法!邪魔な木の根はこの方法で

木は大きく根っこは地中深くに張り巡らされているもの。簡単に引っこ抜くことは人間には到底難しいですよね...

母親が亡くなった友達にかける言葉やあなたにできる事とは!

「友達の母親が亡くなった」と言う連絡は他の友人から突然連絡が入ります。 前もって準備が出来る事...

スポンサーリンク

セメントやモルタルの強度とは?セメントについて

セメントとは

粘度、石灰石、石膏などを焼いて細かく砕いたもの。
水で化学反応し、かわいた後には非常に固くなる。土木や建設などでよく使われます。

 

セメントの数もたくさん種類があり、一般的に使われているのがポルトランドセメントです。

 

日本で生産率が高いのもこのセメントはポルトランドセメントです。こちらの生産は日本で9割を占めています。ポルトランドセメントにも、エコセメント、混合セメントなど種類があります。

 

モルタルとは

強度が弱いセメントに、砂利、砂など、骨材を混ぜて使います。

その骨材の種類と配合比率によって、モルタルやコンクリートになります。

モルタルやコンクリートになるための「つなぎ」のようなものになるのがセメントなのです。

 

ノロとは

きめ細かなのが特徴でモルタルのひび割れの補修や、タイルの目地などに使われます。
ノロはセメントを水で練ってペースト状になったものです。

セメントやモルタルの強度とは?モルタルについて

モルタルやコンクリートはセメントと砂、砂利からできています。

これらの強度の決め手はセメントの量になります。セメントの量が多ければ多いほど強度は高まります。

 

モルタルは土木や建築などで、よく仕上げ時に見栄えをよくするためや補修に使うものです。そのためモルタルは強度が強くなければいけないところには使いません。

 

家の庭つくりや作業にモルタルやセメントが必要だったりとかすることありませんか?
ホームセンターで手軽に入手できます。

好みもありますが基本的な配合は セメント1:砂3 です。これに水を加えて練ることでモルタルが完成します。

 

コンクリートは配合は異なりますが強度をより強くするために砂利を混ぜます。強度を出すためには砂利が重要になります。

セメントやモルタルの強度や値段について

セメントは弱いです。

強度を出すために砂が入っているモルタル、そしてそれに、更に強度をあげるため砂利をいれるコンクリートが強度は高くなります。

 

またコストも同じく強度をあげるために混合物が多いコンクリート→モルタル→セメントの順でコンクリートが高くなります。

 

アスファルトに関しては月日とともにぼこぼことガタガタになってくる上にコストは一番高いようです。

 

コンクリートはトンネルやダム、建物、道路など幅広く重要なところに使われていますので、強度はかかせません。

固まる前のコンクリートは生コンクリートと呼ばれています。

セメントやモルタルの違いを知ってDIYに使おう!

今やDIYの波はすごいですよね。
ビーズを使ってアクセサリーや毛糸でやレースで編んだ小物、ワイヤーや木材を使った雑貨や家具、小さいものから大きいものまでネットのアプリなどで売買されているのを見かけます。

 

セメントは庭つくりや家の外仕事でお父さんがよく使うイメージですが実はセメントでも、おしゃれで可愛い雑貨が作れるんですよ。

 

小さなプランターやキャンドル入れ、型で固めれば置物にも、あのグレーや要素でも飾り方、使い方によればおしゃれに大変身するのです。用途により強度も必要とされますが、最初から砂や砂利が混ぜ込まれてあり、家で水を入れるだけでとっても便利なものが売られていますよ。

量を多く必要とするときには、セメント、砂、砂利など別々に買って自分で作るのが安上がりになる場合もありますのでご注意ください。

 

だいたい5、10、20キロで分けられて売られており、オススメなのは大めに買っておくことです。

足りなくなったら作業を中断する、そして買いに行くという手間暇をかけるなら多めに買っておいてあまれば余れば保存も可能です。

保存するときは必ず湿気が入らないように紐で縛っておきましょう。

5kg買ってまた5㎏買い足すよりは最初から10kg買ったほうがお得な場合もありますよ。

いろいろなところで役立つモルタルの使い方について

モルタルの主な使い方は、接着剤、仕上げ財、下地剤です。

 

・仕上げ剤

駐車場などの床にモルタルを平らに引くことにより水はけも良くなります。

 

・下地剤

壁をタイルで仕上げたいときにモルタルを下地として塗ります。モルタルの上にクロスや塗装もできます。

 

・接着剤

レンガを積み上げて塀など作るときに、レンガとレンガの間に1㎝の厚みで塗って接着剤代わりにします。

積みあがったレンガの側面を思い浮かべてください。
このときレンガとレンガの隙間に見える「あれ」に見覚えありませんか?その「あれ」がモルタルなのです。

 

水とモルタル1:6の割合で作っていきましょう。
水は少しづつゆっくり入れて、時間を置くとだまになりやすくなるため水を入れながら練てください。

 

DIYが広まったおかげで、セメントやモルタルの出番も増え、女性が使用することも珍しくはなくなってきているのではないでしょうか。

 

誰でも簡単に使いこなせますので、ぜひ試してみてください。

この記事の編集者

ハトムギ情報局

ハトムギ情報局

ハトムギ情報局でゆっくり休んでいってください。何かの役に立てるもの見つかるかもしれませんよ。

WEB SITE : https://hatomugi-info.com

 - 生活に潤いを与える豆知識