忙しいアナタにハトムギ茶のような休息を

子供の睡眠時のクーラーの使い方!気を付けることとは?

子供が睡眠しているときクーラーはどうしていますか?

クーラーが効きすぎて体が冷えてしまってもかわいそうだし、止めて暑くなるのもかわいそうだし…。

どうしたらいいのか迷ってしまう方もいると思います。そんな子供の睡眠時のクーラーの使い方についてご紹介します。

子供が睡眠するときクーラーをつけていると風邪をひく?

夜寝る時にクーラーってどうしていますか?つけて寝て、朝起きたら喉が痛くなっていたなんて経験をされた方も多いのではないでしょうか?

夏場はクーラーが原因になって風邪をひくことがあるので注意が必要なのです。

直接の原因になるのはウイルスですが、クーラーで体が冷え免疫力が落ちた、空気が乾燥してウイルスが喉に入ってしまったなどが考えられるのです。

外との気温の差が激しくて自律神経が乱れることでも免疫力や体力がが落ちてしまいます。

免疫力が落ちているときに夏のウイルス性の風邪にかかるとなかなか治らずとても大変です。

大人でも影響のあるクーラー。小さな体の子供だといろいろな機能も未熟なので簡単に風邪をひいてしまう事があります。

なので、夏にクーラーを使う際には十分に注意してあげましょう!

子供が睡眠している時どのようにクーラーを使ってる?

子供のいる家庭では実際にどのようにクーラーを使っているのでしょうか?ある家族のクーラーの使い方をご紹介したいと思います。

うちは子供と私と旦那の3人家族です。旦那は、朝に寝て夜に仕事に出るという生活をしています。

旦那は暑がりなので旦那がいる時はクーラーがついています。なので、自分たちがつけたい時につけるとずっとつけていることになり光熱費が気になります。

夜中の3時頃に帰って来てクーラーをつけられると子供も起きてしまって生活のリズムがめちゃくちゃになることもあります。

そんな時に28度に設定をし扇風機を使うのがいいという事を知りました。

実際に試して見ると扇風機の風が冷気を回してくれていい感じに涼しくでも寒すぎずという感じにすることができました。

私も暑がりではありますが、クーラーの中で寝ると体がだるくなったり喉が痛くなったりするので、旦那が帰って来てクーラーをつけるならこの方法を使うようにしてもらいました。

クーラーをつけて子供と睡眠するときに気をつける事!

夏は暑いのでクーラーをガンガンに効かせて寒いくらいの部屋で過ごしているという方も多いのではないでしょうか?

ですがあまりに寒い部屋にいて体を冷やしてしまうと、代謝の低下につながってしまいます。

代謝が低下すると病気になりやすくなりますし、免疫力も下がります。女性ですと、生理痛がひどくなったりもします。

もちろん子供の身体にも影響があります。体が冷えることで夏バテしやすくなりますし、注意が必要なのです。

暑くて一日中つけっぱなしになんて人もいるかもしれませんが、できればタイマーを使って調節するようにしましょう。

子供がいる場合特に気をつけてほしいのは、睡眠時は高めの温度に設定すること!風が直接体に当たらないようにすること!です。

そして、夜中に一度は寒くないか確認しましょう。面倒かもしれませんが、朝方子供が寒くて布団にもぐっているなんてことも多いものです。

寒すぎないか、また暑すぎないか夜中に1度は確認してみてくださいね。

夜中もしっかり調節することで家族が快適に過ごせるものです。面倒と思わずに家族のために確認、調節しましょう!

子供の昼、夜の睡眠にクーラーはどう使う?

子供がまだお昼寝をするとき昼と夜ではどのようにクーラーを利用すればいいのでしょうか?

お昼寝の時にクーラーを使う場合、春や初夏、まだ窓を開けるだけで調節できる時は窓を開け温度を下げましょう。

暑い日には窓を開けて扇風機を首ふりで利用しましょう。それでも熱い場合は、クーラーを28度に設定し扇風機と一緒に使うようにします。

この状態が最適ですが、あまりにも暑くなる場合は温度設定を少し下げたり、扇風機の風量を大きくししのぐようにしましょう。

夜に寝る時にも窓を開けることが出来るのであれば窓で調節するのがいいです。ですが、明け方になると寒すぎるということもあるので注意は必要です。

子供が寝て自分が寝るまでの間窓を開けて置き、自分が寝る時に閉めて扇風機に切り替えるのもおすすめです。

熱帯夜の場合は昼と同じでクーラーと扇風機で調節するようにしましょう。

夜は子供の様子を見て暑すぎないか、寒すぎないか何度かチェックしてあげてくださいね!

子供がいる家庭でクーラーを使うのは必要な事!

赤ちゃんがいる家庭ではどのようにクーラーを使えばいいのでしょうか?まだ寒いとか暑いとか言う事が出来ないので困りますよね。

クーラーを使う時の服装に困ったらお母さんの服装を目安にするようにしましょう。

お母さんがTシャツ一枚のような場合は赤ちゃんは半そでのロンパースとか、コンビ肌着1枚とかで大丈夫です。

お母さんの判断によりますが、赤ちゃんはお母さんよりも暑いという事を頭に入れておきましょう。

夜寝る時にクーラーをつけっぱなしにするなんて昔ではかんがえられません。

体にもよくありませんし、お金もかかります…。

ですがクーラーをつける事で、熱中症の予防になります。今の時代のクーラーはしっかり調節をすることが出来るので、冷えすぎないようにし使う事が重要です。

暑いのを我慢し熱中症になってしまっては何のためのクーラーなのってなってしまいます。

電気代も気になる所ではありますが、みんなが快適に過ごせるようにしっかり温度を管理し使用することが大切ですよ。

MENU