忙しいアナタにハトムギ茶のような休息を

1年で一番お金を使うのはいつ?お金を無駄に使っていませんか?

一年間の中で、もっともお金を使う日はいつなのでしょうか?

年末?それとも年始?1年の中で1番出費が多い日を紹介します!

お金を使ってはいけない日というのがあるのを知っていますか?使う日や使ってはいけない日がわかればお金も貯めやすくなるかもしれませんね。

1年でお金を一番使う日は・・?やはり元旦!

一年間の中で、一番お金を使う日は年始、元旦だそうです。こどもにお年玉をあげる、家族や親せきが集めればそれだけお金が動くということなのでしょう。

お金を使う月では、年末となる12月が一番多くなります。年末には、おせちや年越し蕎麦、飾り物などの他新年に向けて新しくしたい物を買ったりするからです。

8月のお盆にも、家族や親せきが集まりますがお年玉がないのでお金を使うのは年始となります。

月のお金を使う日で多いのは、1日、16日、25日となりお給料が支払われる日に合わせてお金が動いていると言えるでしょう。給料が入って、支払わなければいけないもの以外で財布の紐をゆるめないことが貯まるポイントなのかもしれません。

お給料が出たからといって、お金を使いお給料前にはお金がない・・とならないためにもどのくらいのペースでお金を使うことができるのか毎日ではなくともいいので1週間単位でお金の流れを把握してみるのもいいでしょう。

1年の中でお金を使うのが元旦 使ってはいけない日とは?

お正月の出費は、その年一年が幸せに暮らせるように良いお金の使い方をする日でもあります。

1月1日は、お金の悪い使い方をすれば一年が悪い金運の影響を受けやすいそうです。逆にお金の良い使い方であれば良い金運の影響を受けるそうです。

元旦は初売りや福袋などついついお金を使ってしまいがちですが、お金を使ってはいけない日でもあるのです。

それは、悪い使い方をしないという事に結びつきます。初詣で神社でお賽銭を使ったりお年玉などは縁起物になるので、良いお金です。しかし、そんなに欲しくもないものを勢いで買うのはどうでしょうか?

初売りや福袋を買うことが良くないことというわけではありませんが、本当に欲しいものなのかあらためて考えてみるのもいいかもしれません。買って、そんなに欲しいものではなかったと残念な気持ちにならないようにリサーチするのもいいでしょう。

一年間の金運がアップするように、お金について考え直す日でもあるのかもしれませんね。

1年でお金を使わない日をつくれば節約できる!?

お金を使う日を減らせば、そのぶん節約をすることができます。買い物を何回もする中で、ついつい買ってしまう事ありますよね。

買い物は、必要なものを買いに行きますがその頻度が多ければ多いほど余計なものを買ってしまう確率が上がると言えます。必要なもの以外は買わないという人であれば、節約は関係ないでしょう。

ですので、買い物はなるべく回数を減らすといいでしょう。もちろん食品や生活用品などは必ず必要となるものなので、回数を減らすことは難しいかもしれません。買い物に行くときには、歩きや自転車ではない場合交通費もかかりますよね。

一か月では、そこまでお金がかかっていないように思えても一年ではどうでしょうか?10年間では?お金は、何十円や何百円であれば使っている感覚が鈍ってしまいます。

何かを買うときに、もしこれが千円だったら?一万円だったら?と考えて買うといいかもしれません。

必要のないものや、ついつい買ってしまうのはクセとも言えます。お金を使ってしまうクセを治せばお金は貯まるものなのです。

お金を貯められる人はきちんとお金を使っている?

お金を使わないようにと、我慢しすぎるといつか爆発してしまいます。お金を貯める、節約はほどよく楽しめるといいでしょう。

週に1回や、月に1回でもいいので贅沢してもいい日をつくりましょう。ほどよく息抜きしながら本当に欲しいものや食べたいものを食べましょう。節約のためと、気に入っていないものや安いものを食べても心は満足できず、また違うものを買ったり食べてしまうものです。質より量に走りやすいので注意が必要です。

お金の使い方が上手い、貯めている人はそのバランスがとてもいいと言えるでしょう。もちろん、収入あってのお金の使い方となりますがどんなにお金を稼いでいても使い方が下手であればお金は残りません。

お金を貯められる人はお金の話をするのも上手なのかもしれません。お金がないということではなく、どうしたらお金が残るのか、減らさないのかということを話したり知識があるのだと思います。

お金の話をするのはどこか意地汚いと思ってはいませんか?お金を貯める方法が書いてある書物にはだいたいお金を好きになろう!やお金と仲良くなろう!と書いてあります。

お金を使うことについてじっくり考えてみよう!

快適な生活を送るために、人はお金を使うと思いますが快適な生活を送るためのものが逆に生活を苦しめている、負担になっているのであればそのお金の使い方は良いとはいえないでしょう。

例えば車は、新車と中古車ではかなり値段が違ってきます。乗る年数にもよりますが、乗り換えることがわかっているのであれば中古車も視野に入れるといいでしょう。

お金の使い方が上手な人ほど、よく調べよく考えています。普段は節約モードですが、必要なものを買う時、買い替えるときはよく調べ値段が高くても購入します。

お金の使い方としてよくないのがギャンブル、衝動的な買い物、自分を大きく見せるための買い物となります。ギャンブルは、買ったときには得をしたように思えても負けた金額を考えると損をしていることが多いでしょう。衝動的な買い物は、その瞬間は満足できてもすぐに飽きてしまいます。自分を大きく見せるための買い物は自信のない表れです。それに見合うようにお金をかけることが大切となります。

MENU