忙しいアナタにハトムギ茶のような休息を

マンションの騒音で警察を呼ぶ時一旦冷静に!体験談も確認を

マンションなどの共同住宅で多く問題になるのが騒音問題ではないでしょうか?

騒音が酷いからと警察を呼んでもいいのでしょうか?

また警察を呼ぶときに気をつける事やできる事はなにかあるのでしょうか?

そんなマンションの騒音問題についてご紹介します。

マンションの騒音!本当に警察を呼んでもいいほどうるさい?

マンションなどに住んでいると騒音で悩まされる事も多いと思います。しかし、騒音と呼ばれるものはどのくらいの音からなのでしょうか?

騒音と認められるものは昼間で55デシベル以上で夜で45デシベル以上と言われています。

しかしこの55デシベルとはどのくらいの音なのかわからないですよね。

55デシベルというのは普通の人の話声やお風呂の配水の音くらいです。また45デシベルはエアコンの風の音や木の風になびく音くらいです。

隣の家との間には壁があります。それなのに、普通に話す声くらいの音がするという事はかなり大きな音を出しているに違いありません。

なので、普通に話しているくらいの音が聞こえるのであればうるさく思っている自分がおかしいのかっとは思う事はなく騒音に値するものと思われます。

この基準については、健康上被害が出ないレベルとされていて、この基準を超えると音が気になり寝れない、イライラするなどして健康上何かしらの問題が起こる可能性があるのです。

マンションの騒音!警察を呼ぶ前に出来る事!

マンションなどの集合住宅にすんでいると騒音の問題に悩まされることもあると思います。そんな時に警察に連絡をしようと思う人もいると思いますが、まずは管理会社や大家さんに相談してみましょう。

上下左右に部屋がある場合どこの部屋からの騒音なのかまで特定できない場合もあると思います。

そんな時でも管理会社や大家さんにまずは相談することがおすすめです。連絡すると、管理会社や大家さんが騒音についての手紙を配ってくれたり、皆の目する場所に注意書きなどをしてくれると思います。

入居者全員にむけての手紙や注意書きになるのでどこからの苦情なのかまで特定される事は少ないでしょう。

このように苦情についての注意があると騒音を出している家は大抵注意するものです。しかし、このように注意をしてもらっても効果がなかったり、その時は効果はあってもまた騒音が始まった場合は、もう一度管理会社や大家さんに連絡するようにしてください。

直接注意をしてくれると思います。最初は注意書き程度のものでも改善されない場合は直接会っての注意になっていきます。

この時注意したいことは苦情を言った家をバレないようにしてほしいという事を管理会社や大家さんに伝えておきましょう。

マンションの騒音問題!警察に言う時に大切なこととは?

マンションなどの騒音問題で苦情を言う場合、実際にどのような騒音に迷惑をしているかについて証拠を残すようにしましょう。

最近ではスマホなどで簡単に映像を残せるようになりました。なので記録しておくのは簡単にできると思います。

ですが、この時に気をつけることが比較になる音を入れておくことです。例えばテレビのです。テレビの音量を映像に残しその音と騒音とを比較できるように動画を撮っておくと伝わりやすいと思います。

騒音だけを撮ってしまうと音の大きさが分かりにくくなるので音や映像で残す場合には注意してください。

また、時間帯も残すようにしましょう。昼間は我慢できても夜には我慢できない事ってありますよね。そのような時には時間もしっかり記録しておきましょう。

そして騒音計も用意できればより一層騒音について伝える事が出来ると思います。しっかり記録して騒音について苦情をつたえるようにしましょう。

マンションの騒音で警察を呼んだのはなぜ?経験談をご紹介

騒音の問題で警察を呼んだことがある人はいるのでしょうか?経験談についてご紹介します。

私は一度騒音で警察を呼んだことがあります。ですが、普段の生活ででる騒音ではなく喧嘩による騒音だったからです。

普段の生活音での騒音について警察を呼ぶのは大げさではないかと思っています。生活音での騒音はまずは大家さんや管理会社に伝える方がいいと思います。

しかし、私が警察を呼んだ時の騒音は違いました。夫婦喧嘩をしているようで言い合いもひどくそこの子供が「助けてー」っと叫んでいたのです。このような危険のある時には警察をよんで良いと思いすぐに呼びました。

マンションなどの集合住宅では騒音はつきものです。気になるような人は一戸建てに住むのが一番だと思っています。

マンションの騒音!警察は対応してくれるのか?

騒音で実際に警察を呼ぶ場合どのように対応してくれるのでしょうか?

警察を呼ぶには110番に電話をすることになります。電話を掛けると、「事故」か「事件」かと聞かれます。

そこで「騒音」だという事を伝えましょう。すると「どんな音なのか」「どんな音量なのか」を聞いて来ると思います。

そして住所をつたえることになります。また名前も聞かれると思いますが、自分からの通報だとバレたくない場合には匿名でお願いしますでも大丈夫です。

絶対にバレたくない場合には公衆電話など外の電話から掛けるようにしましょう。

そして、名前を言った場合だけになると思いますがその後どうなったか知りたい場合は電話や直接会うなどして結果を聞くことが出来ます。

警察に電話をするときには緊張すると思いますが、相手は丁寧に対応してくれるので落ち着いて話すようにしましょう。

MENU