忙しいアナタにハトムギ茶のような休息を

同居の生活費!子供の生活費はどのくらいかについて!

独身の子供と同居や結婚し2世帯住宅で同居など親と一緒に同居している方は多くいると思います。

そんな親との同居の時子供はどのくらいの生活費を払っているのでしょうか?

いろいろなパターンがありますが、気になる同居の生活費についてをご紹介します!

同居の生活費!子供の相場はどのくらい?

結婚し親と同居している人はどのくらいの生活費を払っているのでしょうか?

親と一緒に住むといってもキッチン、トイレ、バス、玄関は1つという場合や、完全に2世帯になっている場合など色々なパターンがあると思います。

完全に分ける事ができる場合は分けて払う事も出来るのかもしれませんが、だいたい共有の部分があるのではないでしょうか?

そうなってくると生活費や食費など親に払うか、払ってもらうかが必要になってくると思います。

なので同居を始める前にしっかり決めて置くことがとても大切です。

ですが、問題になるのがどのくらいの金額に設定するかです。

親と同居している子供が払っている金額の相場は大体5万円から9万円と言われています。

家庭により違ってきますが、1人あたりが2,5万円から3万円くらいになるような計算にする家庭がおおいですよ。

生活費をどのくらいに設定したらいいのか悩んでいる場合はこの相場を参考にしてみてくださいね!

未婚の子供との同居の生活費について

結婚をしていない子供との同居の場合子供はどのくらいの金額を家に入れているのでしょうか?そんな20代女性の考え方についてご紹介します。

私は家に毎月3万円入れています。給料は手取りで23万円くらいです。家電などの大きなものを購入することになった時には折半にしたり、ボーナスの出る付きにはプラス5万円ほど入れています。

また両親の誕生日には物のプレゼントではなく現金をあげています。そんなに余裕のあるお給料ではないと思っています。私の食費は1万円くらい、光熱費は5千円くらいだと思っているので、3万円は妥当だと考えています。

ですが、もし一人暮らしをしていれば生活するのに10万円以上かかって来ると思います。なのでもっと多く入れなければいけないのかなっとも思いますが、もし親が大金を入れてもらえる事に慣れてしまって私がいざ一人暮らしを始めるとなったときに、親に出て行かれると困ると思われても困ると思うので、増額はしないようにしています。

出て行った後も大金の送金などできるわけもないのでほどほどにしています。私の周りでは3万円と設定している人が多いですよ。

子供と同居!生活費はしっかり計算しています!

子供夫婦との同居をしている場合生活費についての決め方は家庭によりそれぞれだと思います。そんな息子夫婦との同居をしている家庭の生活費についてご紹介します。

うちの家庭では、毎月息子から毎月の支出の3分の1を払ってもらうようにしています。

生活費が30万円だったら10万円をもらいます。ですが、もしどこかで息子が支払ってくれていればその分を引いて計算します。

毎月の支出についてしっかり出すのはとても大変でした。ノートに家計簿をつけていると記入を忘れてしまったり紛失したり…。とても面倒でした。ですがオンライン家計簿というものを知ってからは簡単です。

家族全員でパスワードを共有し食費などかかったものを管理することができます。

支出には家のローン、電気、ガスなどの光熱費、食費などなど細かく管理しています。生活をする上でかかるものすべてを入れていくようにしています。

オンライン家計簿は勝手に集計などもしてくれますし、一目ですぐに確認できるのですごく役に立ちます。

でもお嫁さんは不満をもっていると言います。細かすぎるし、一か月にいくらという決まりがないから、予定を立てにくのだそうです。こんな細かい事をするなら毎月いくらという決まりをつくって欲しいと言っているそうです。

子供との同居!生活費以外にも気をつける事はたくさんです!

子供の家族と同居する場合に気をつける事はどんなことがあるのでしょうか?

まず一番大切なのが、お嫁さんと仲良くすることです。今の時代ですと親とは一緒に同居しないというような考えの女性がとても多いです。

そんな中息子のお嫁さんは同居を受け入れてくれたという事をしっかり理解しておきましょう。お嫁さんに常に頭を下げて生活するような必要はありませんが仲良く暮らせるように努力は必要です。

これから、どんどん体が老いていき介護が必要になるなんてことも考えられますよね。そんな時に面倒を見てくれるのは息子ではなくお嫁さんの方が多くなると思います。

なので今は出来る事をし介護が必要になったら助けてもらえるような関係を作っておくことがとても大切です。

またまだまだ元気なうちにお嫁さんの手伝いをするようにしましょう。できることは遠慮なくいってほしいという事を伝えておきましょう。

円満な同居を続けていくためにもお嫁さんとの信頼関係をしっかり築くことが重要ですよ。

次に家事を協力することが大切です。
すべての家事を任せるのは苦痛に感じてしまいます。特に息子の夫婦が共働きの場合はなおさら大変に感じてしまいます。

率先して家事を手伝うようにしましょう。そして一番の問題が料理です。誰が作るのかです。

キッチンが別の場合は問題にならないかもしれませんが1つしかない場合はどうするのかをしっかり決めておく必要があるでしょう。

子供が親と同居するメリットについて

同居の方がマイホームを購入の時に資金に困ることがありません。

マイホームを購入しようとおもっても立地条件の良い場所は高くて手が出せないなんてこともありますよね。

ですが、実家はとてもいい立地条件。そして老朽化し立替えが必要な時期っということもありますよね。

そんな時には親の土地に協力して2世帯住宅を立てるという方法があるのです。

親子で協力しあうので資金面もとても楽になるのではないでしょうか?

恵まれた環境で暮らすことが出来ますし、マイホーム購入の時に必要な土地の資金が不要になり良いことだらけですよ!

MENU