エンジンのクーラントが減る原因は?車に詳しくない人へ解説

エンジンを冷やしてオーバーヒートを防ぐ役目を持っている冷却水、クーラントとも呼ばれています。

大事な役割をもっていますが、クーラント液が減るのはどうしてなのでしょうか。そのまま放っておくと車にどのような影響を与えてしまうのでしょか。

エンジンクーラントが減るのはいくつか原因があります。
対処法についても詳しくご説明しますのでぜひご覧ください。

郵便局で荷物を送る時の梱包資材や袋についてのアレコレ

インターネットの普及で家に居ながら買い物が出来る、商品が届く、本当に便利ですよね。また様々な...

警察官の彼氏の身辺調査はどこまで行われるのか調べてみた

警察官の彼氏ができたら身辺調査されると聞きますが本当なのでしょか?また、身辺調査どこまで行わ...

夫婦旅行にお勧めしたいスポットをご紹介します♪

夫婦旅行を検討していても、どこへ行ったらいいのか悩みますよね。夫婦旅行を検討中!お勧めの温泉...

夜に食べると太るのは何で?太る理由と食事の時間のあれこれ

夜にご飯やおやつを食べると太るのはわかりますよね?でも、仕事の都合や、用事などで寝る前にご飯...

彼氏との旅行の時のトイレの問題・・こんな方法はいかが?

彼氏との旅行はいつものデートとは違い、楽しい事も多いですが、気を付けたい事といえばトイレです!...

抹茶が好きな理由はコレ!女子がハマる抹茶の効果について

ダイエット中でスイーツを食べるのを我慢しているときこそ、おすすめなのが抹茶のお菓子!?抹茶に...

神社にお供え物としてお酒を奉納!種類や本数、奉納の仕方

神社に通常の参拝以外の厄払いや祈祷などをしてもらう時はお供え物として神社にお酒を持参した方が良いって...

友達からの泊まりの断り方を調査!泊めたくない時何て言う?

友達が突然家に泊まりたいと言ってきたらあなたはどうしますか?泊めてあげますか?それとも断りますか?...

宝くじが高額当選する人は必ず前兆が!どんな人が当たる?

宝くじ高額当選者がよく「宝くじが当たる前兆を感じたことがある」ということを耳にします。その内容は色々...

セメントとモルタルの強度とは?セメントとモルタルについて

DIYの上級者ともなると、セメントやモルタルを使う人もいるのではないでしょうか?セメントやモルタ...

友達のLINEや電話がしつこいと感じた時の対処どうしてる?

友達の電話やLINEがしつこい!と思った事ありませんか?大したことでもないのにLINEや電話が来て困...

お茶やお菓子やおしぼりはどこに置く?【おもてなしのマナー】

会社や自宅に大切なお客様が来た時には、お茶やお菓子などを出しておもてなししますよね。この...

運転免許の学科試験の合格点は●●点!試験前に確認で一発合格!

運転免許の学科試験は難しいと感じる人もいるようですが、合格点は何点なのでしょうか?学科試験は...

美容室へ予約の電話をするのが苦手な人へのこんなアレコレ

美容室へ予約の電話をするのが苦手という方も多いのでは?でも、何も怖いものはありません!誘...

旦那に冷めた!離婚は子なし夫婦の方が有利な理由とは?

お互いが好きで結婚したけれど時間が経つと愛情が深まる夫婦もいれば、愛情が薄れ熱が冷めてしまったという...

エンジンのクーラントっていったい何?

車のことをあまり知らない人もいるかと思いますが、車を点検に出したときに整備士さんからよく「車のエンジンクーラントが減っていますので補充しておきました」と言われたことはないでしょうか。

 

知らない人からすれば「エンジンのクーラントっていったい何?」と思いますが、皆さん「わかりました!ありがとうございます」と答えている人もいるのではないでしょうか。

 

エンジンのクーラントとは車のエンジンをを冷やす冷却液のことです。別名ラジエター液ともいいますが、整備士さんによって言い方は様々かと思います。エンジンのクーラントは車のエンジンを冷やすというとても大切な液なのです。車のエンジンを冷やしたり、エンジンの錆を防いでくれる役割も同時にエンジンクーラント液がやっています

もちろんエンジンのクーラント液は液体の為、熱くなったエンジンを冷却するので蒸発していくため定期的な点検が必要となります。

もしエンジンのクーラント液がなくなれば車がオーバーヒートを起こし、ひどい場合にはエンジンまるごと交換という悲惨な結末となってしまうため必ず自分で点検するか車の整備士さんにお願いしましょう。

エンジンのクーラントが減るのはどうして?

エンジンのクーラント液はエンジン内部を冷やすために必要な水です。
この冷却水は自然に蒸発して減っていきますが、何かしらの原因で大幅に減ることがあります。水漏れしている可能性も考えられるのです。

エンジンのクーラント液が減る原因としては、

・ゴム部品やパッキンなどの劣化

ゴム部分などの劣化によって水漏れが発生し、冷却水が減っているかもしれません。その場合、車両の下に水が垂れて水たまりが出来ることがありますので確認してください。

・ラジエターの破損

熱を放置するラジエーターが何かしらの原因で穴が開くと正常に作動しなくなる可能性があります

・循環経路が錆びによって詰まってしまうことでホースが破壊し水漏れに発展する

などいくつか挙げられます。
エンジンのクーラント液がが減ってしまったまま放置していしまうと、オーバーヒートになってしまったり、異常高温になったために車が動かなくなってしまうこともありますのでご注意ください。

エンジンのクーラントが減る場合、代替品はあるの?

多くの場合、水漏れをしているかどうかは、車の下をのぞき込む事で発見できますが、走行中に漏れている場合は気付きにくいものです。
水温計が高くなっていないかどうかなど、異常を感じたら注意してチェックするようにするといいでしょう。

故障個所が分からないのに走行中に水温計が上がってきたり、あるいは停車時に冷却水の漏れに気付く場合もあります。

ウォッシャー液を携帯してはいても、なかなか冷却水の予備のエンジンクーラント液を携帯していることはないですよね。
クーラント液の代替品となるものはあるのでしょうか。

緊急の対処法として、実は「水」を補充する方法はあります。

ただこれはあくまでも一時的な対処法に過ぎません。
すぐにディーラーなどに持って行って点検をしてもらうようにしてください。

水を入れたまま放っておくと、エンジンの内部やラジエーター各所の錆びの原因となってしまったり、冷却水が凍結してしまうなどの症状を引き起こしてしまいます。ご注意ください。

エンジンのクーラントが減る状態のまま放置しておくとどうなるの?

冷却水が漏れていることに気付かず走行し、空っぽのまま走行を続けるとどうなってしまうのでしょうか。

はじめに起こる症状は、回転数の異常です。
エンジンの温度が上昇することによって回転数が安定しなくなるのです。

それでも走行し続けると、今度は更に温度が上昇してエンジンオイルの変質・分解などが起こり、エンジン内の摩擦や熱は更に高まります。

エンジンルーム内の温度がどんどん上昇し、最終的にはエンジンが焼き付いてしまうのです。

最悪の場合、煙が出たり発火してしまう危険性もあります。

冷却水一つで、こういったトラブルを引き起こしてしまうのです。とても危険です。

今の車は安全面を考慮し、冷却水に異常が感じられた場合は警告ランプが点灯するようになっています。

もし走行中に警告ランプが点灯した場合は、すぐに車を停めて冷却水タンクや車の下をチェックするといいかもしれません。

エンジンを冷却するクーラントの役割と交換時期について

車のクーラントがどれだけ重要なのかよくお分かりいただけたのではないでしょうか。

クーラントはエンジンを冷やすための液体として、水ではなくロング・ライフ・クーラントというものが使われています。

緊急の時に水が使えるのであれば、水を使った方が手軽で安価では?と感じますよね。

しかし、水を使わない理由はあるのです。

水は0度以下になると凍結し、体積が約1割膨張してしまう特性をもっています。
もし水を入れてしまうと、氷の膨張のせいで、ラジエターなどを壊してしまう可能性がある
のです。
また水を使ってしまうと冷却の配管が錆びる原因にもなり、錆びから劣化して漏れに繋がってしまう可能性もあるのです。

その点クーラント液は、水に凝固点の低い薬品を混ぜて凍結しないようできているので、腐食の防止の役割もあるというわけです。

クーラントの交換時期ですが、一昔前は何度かの交換が必要でしたが、今は車検時期に合わせて交換するだけで良しとされています。
凝固点が低くなっているだけでなく、沸点も上昇しているため、エンジンが高温になりやすい夏の時期でも、クーラントが沸騰することなく安心して走行できるようになっています。

エンジン冷却に必要なクーラントは2タイプあるので注意!

冷却水には「エンジン各部を循環して冷却する」という大切な役目がありますが、先ほどから説明している通り、ただの水では錆びの原因になります。

気温が-30℃といった寒冷地でも使用されるため、水を使うと凍って体積が増え、ラジエターなどを破損してしまう危険性もでてきます。水はあくまでも緊急時だけ使用するものです。

こういったトラブルを防止するためにも、水ではなく凍結を錆を防止するLLCが使用されているのです。

カー用品店では、「原液」と「補充用」の2種類の形態のものが売られており、原液は水道水で必要な濃度に薄めるなど調整することが可能になっています。
交換時などの多量に使用する時に使える用品となっています。

補充用はそのまま注入できるように予め適当な濃度に薄められていますので、少量使いたい時に便利な商品となっています。

購入する際は、どんな時に使用するのか目的に応じて選ぶといいでしょう。