忙しいアナタにハトムギ茶のような休息を

メールが苦手な人へ!克服すれば仕事や恋愛にも効果テキメン!

メールが苦手と感じている方はいませんか?

メールを打つのが面倒、文章を書くのが苦手などいろいろな理由があるようです。

しかし、メールは日常でもビジネスでも必須アイテムです。

苦手を克服するための方法などご紹介します。

苦手なメールを克服したい!苦手に思う理由とは?

メールが苦手な男性って、あなたの周りにもいませんか?
メールやラインなどの文字を入力してコミュニケーションをとるということが苦手な人と言うのは、女性よりも男性の方が多い印象です。

このようなタイプの人は、高校を卒業した後に友達と連絡が取れなくなっていたり、ということもあるようです。

メールが嫌いという人は次のことが当てはまる人が多いでしょう。

【文字を打つのが面倒】
特に急ぎでもないような用事の場合は、後で返信しようと思い、そのままダラダラと先延ばし。
気付いた時には、数時間立っているなんてこともザラです。
文字を打つより、話した方が早いのにと考えるタイプです。

【相手がメールを読んだのか不安になる】
ラインならば相手が読んだかどうかわかりますが、メールの場合はわかりませんよね。
心配な方はラインを使った方が良いでしょう。

【相手の表情がわからない】
電話だと、相手の声のトーンで気持ちを読み取ることができます。
しかし、文章の場合は気持ちがなかなか伝わりにくかったり、自分の気持ちとは違う意味で相手に伝わる可能性もあります。

苦手なメールを克服すれば恋愛でもうまいアプローチが可能に!

恋愛においても、メールは大切なコミュニケーションツールです。
好きな相手にアプローチするには、メールもどんどん使いましょう。
メールが苦手だから…なんて勿体ない!

まず、気を付けなければいけないことは、メールは感情が伝わりにくということを頭に置きましょう。
すごく楽しかったことや、おもしろかったことって人に話したくなりますよね?
そして、一緒に笑いたいと思います。
好きな人とは、気持ちを共感し合いたいのです。

しかし、文章でそれを受け取った場合、相手も同じテンションで楽しんでくれるかどうかはわかりません。
自分の気持ちに近い顔文字を使ったり、適度に絵文字などを使うとあなたの気持ちも伝わりやすいかもしれませんね。

そして、メールは恋愛においても上手に使うと大変効果的ですが、相手と会える時にはやはり会って話すということが大切です。
相手の顔を見て話すことが、若い人ほど苦手だと言います。

メールは会えない時にも連絡が取れて、忙しい現代人にとってはなくてはならないものになりましたが、会えないときに使う手段としてとらえると良いでしょう。

苦手なビジネスメールを克服したい

ビジネスメールにはマナーが必要ですよね。

本文に用件を書きますが、その前に一言入れましょう。
相手に対しての一言、「昨日はお疲れさまでした」や「最近のお仕事の調子はいかがですか?」という文章でも良いでしょう。
気遣いの言葉があると好印象です。

メールを社外へ送る時など、メールの送り主が送信者欄だけでははっきりわからないこともあります。
ですので、「いつもお世話になっております。○○会社の○○です。」など、始めに名乗っておくことが必要です。

場合によっては、本文より書いた方が良い場合もあります。
メールを送る相手とあなたの関係性にもよります。
親しい間柄ならば、少し砕けた文章でも構いませんが、相手によっては礼儀知らずにうつってしまうこともあるのです。

メールや電話が苦手な人はこんなことを不安に思っている

【タイミングに困る】

相手の話が終わるタイミングや相槌のタイミングがなかなかかみ合わずに、会話がテンポよく進みません。
変な沈黙が出来るとお互い気まずいですし、ラインのグループチャットなども上手く流れに乗れません。

【相手の顔が見えないのが不安】

電話やメールは相手の顔が見えない分、気持ちが伝わりにくいですよね。
自分の気持ちが上手く伝わらなかったり、メールで送った文章を相手がどのように受け止めたほか不安になったりします。

【電話が苦手という先入観がある】

電話が苦手と感じる人は、以前に電話で緊張する場面はありませんでしたか?
そのような経験があると、自分は電話が苦手だという先入観にとらわれることがありあます。

【返信が来ないのが不安】

ラインなどは相手が読んだかどうか確認できるので良いですが、メールの場合はわかりませんよね。
ですので、相手からの返信が遅いことによって「相手を怒らせてしまったのではないか」と余計な心配をします。

メールの書き方と文章が苦手・・を克服する方法

社会人になると、仕事でメールを頻繁に使う人も多いですよね。

そして、企業に対してのクレームもメールで来ることがあります。

お客様からクレームのメールが来て、こちらからお詫びをしなければいけない場合は、なるべく電話でお話した方が良いでしょう。
どうしてもメールでの回答になる場合には、まずお詫びの言葉を伝えましょう。
通常のメールよりも丁寧な言葉遣いに気を付けて、多少やり過ぎかなぁと感じるくらいの文章で構いません。

メールというのは、必ず読み手がいます。
メールを送った相手が、このメールを読んでどのように感じるか、受け取った側になったつもりで読んでみましょう。

文章が苦手という方も多いと思います。
文章が書くことが苦手で、克服したいと思うならば、文章を読んで書くこと、これに尽きます。
書いていくと必ず上達していくものです。

また、新聞の社説は、文章の構成や言葉使いを学ぶ上でも、参考になることがたくさんあります。一度うまい人やプロの書き方を真似してみるのも上達する秘訣です。文章を読んでいるとこの人の書き方は好き、この人は嫌いということがあると思います。好きな方を真似するのです。そうすれば自分の文章に自信が持てるようにになるでしょう。

MENU