忙しいアナタにハトムギ茶のような休息を

友達との会話が疲れると感じる人は今は気の使いすぎかも!?

友達と会って食事をしたり会話をしたりしている時に、なんか疲れる・・・と感じていませんか?

友達との会話が疲れると感じる人はパターンが多岐にわたるのですが2通りのパターンに分かれるようです。
1つ目は相手に気を使いすぎていたり、会話をしている相手に問題がある場合と2つ目は自分の思考が内向的思考になっている場合です。話す相手に原因があって疲れるのかそれとも自分の今の状態に原因があるのか?調査してみました。

人や友達と会話すると疲れる・・・と感じるその原因は?

人と話をするのが疲れるという人もいると思います。どうして人といると疲れてしまうのでしょうか?

人と会話することが疲れるという人に考えられる原因は自己主張が出来ていないという事だと思います。

自己主張をせずに人に合わせるばかりで疲れてしまうのです。

自分も聞いてほしいことがあるのに相手の話ばかり聞いている人は疲れる人です。

相手の話にもよると思いますが、あまり興味のない話を聞かされる人は疲れるのです。

ちょっと寒くても寒いと言えず、嫌な事も嫌だと言えない、食べたいものも言えない、物を貸し手という事もためらってしまう…。

このように相手に合わせようとするあまりに気が休まらずに疲れがたまっていくのです。

反対に人との付き合いが好きな人は自分の意見を主張することができ会話をすることでたまっている気持ちを吐き出すことができストレスを解消することができます。

なので、会話をすればするほど元気になっていき疲れを知らないかのように精力的に活動することが出来るのです。

友達との会話が疲れると感じたときの相手の性格は?

話をするのが嫌なわけではないけど、友達との会話が疲れるという事もありますよね。そんな友達には特徴があります。

まずは気分屋な友達です。精神的にも安定していて常に穏やかな人と一緒にいて会話をするのは疲れる事なく楽しい時間を過ごすことが出来ると思います。

しかし、気分屋な友達は精神的に安定していないのでその日、その時間によって見せる顔が変わってきます。機嫌のいい日は話しやすくても不機嫌の日には話しにくくなりまともに会話もできない事もあります。

気分によっては八つ当たりしてくるなんてこともあるのではないでしょうか。そんな気分屋な友達と一緒にいて話をするのはとても疲れるものです。

また、ネガティブで愚痴が多い友達も疲れます。なんの話をしてもマイナス思考な事ばかり…。そんな友達と一緒にいて楽しいわけがありません。

そして、このようにネガティブな事を話す人は人のアドバイスや励ましの言葉を素直に受け入れる事はしません。

ネガティブな発言、愚痴ばかりいうので励ましの言葉などで力になろうとしてもその言葉を受け入れてもらえずさらには反論される事もあります。そんな友達と付き合うのは疲れてしまうのです。

他人との会話に疲れると感じた時はこう考えると見方が変わる!

友達との付き合いが得意ではない人も中にはいますよね。そんな人は人と付き合う事に緊張してしまうと言います。

なんで緊張してしまうのかというと、人への安心感を得ることが出来ていないからです。

人への安心感というものは4歳くらいまでに身に付くものです。ですが、十分に愛情を与えられていないと人への不信感を持つようになり、不信感を心の底に持っているので人と付き合う事に緊張し疲れてしまうのです。

この不信感を拭うためには、人の長所をみるようにするという事です。

誰にでもいい所はあるものです。たとえ嫌いな人がいたとしても、欠点ではなくいい所を見るようにするのです。

人の長所を見るようにしていくと少しづつ人が好きになり安心感が芽生えるようになってきます。

人の欠点はすぐに見つける事ができても長所を見つけるのは難しい事かもしれません。ですが、それこそが人への不信感を拭う方法なのです!

友達や人付き合いをすると疲れる・・・その理由とは

友達と会いたくないわけではないけど疲れるという事もあると思います。どうしてそのように思うのでしょうか?

人と付き合うのは、相手に合わせる事がどうしても出てきてしまいます。相手に会うために時間を合わせたりあう時間が制限されたり。

時間を無理に合わせなくてはいけない事もあると思います。そうなってくると疲れが出てきてしまうのです。

また、相手とうまく合わせないと最悪喧嘩になってしまう事もあります。このような事を避けるために相手の事を考えながら行動し、結局自分が我慢しているところがあったり…。

このように人と合わせなくてはいけない所が多く出てくると人と合わせる事が面倒と考える人はどんどん友達や人と会話をすることを負担に感じ疲れていってしまうのです。

友達との会話が疲れると感じる人は今は内向型思考が強いのかも?

友達との会話は好きだけど何か友達としゃべっていて疲れると感じる人は実は結構多いのをご存知でしょうか。

 

友達との会話が疲れると感じる原因は多岐にわたりますが自分では気づいていないだけでそう感じるあなたは今は「内向的思考」が強い時期なのかもしれません。

 

「内向的思考」といっても性格が内気で殻にこもっているような人が持つ思考ではなく、人と会話をするのが好きだけどその反面で一人でいて何かしたかったり、一人で物思いにふけるのが好きだったり、一人でたまには考え事をしたいという欲求も持ち合わせている人のことを指します。

 

現在進行形で内向的思考になっている時というのは自分では気づいていない人は実は多いのです。

 

友達と会話するのが疲れると感じる人は友達に気を使いすぎていたり、面白くなくても面白いようにふるまったりと気疲れしているのかもしれません。

 

一度友達との距離を置いて一人でなんでもいいので物事に熱中したりと一人の時間を意図的に作ることにより心にリセットがかかります。そういう一人の時間を意図的に多く作ることによって「友達と会話をしたい」という「外向的思考」が必ず出てきます。

 

心のバランスというのは「内向的思考」が強い時と「外向的思考」の強い時の両方あっても全くおかしなことではないのです。友達との会話が疲れると感じた時は一度自分をリセットしてみましょう。

彼氏との会話に疲れるという女性ってどのくらいいる?

好きになりお付き合いをしているはずなのに彼氏との会話が疲れるという場合もあります。実際、彼氏との会話が疲れると感じたことがある彼女はなんと6割もいるのです

彼氏に疲れたと感じる彼女はどんなことに疲れたと感じるのでしょうか…。

付き合いはじめの頃は毎日頻繁に電話やメールをするのも嬉しく感じますが、これが続くと彼女も疲れてしまいます。

仕事で疲れているのに、電話での会話…。また、常に何をしているのか報告、確認の電話などだんだん疲れてくるものです。

一人になりたいこともあるのに、なかなか一人の時間を作れないという時も疲れます。一人でゆっくりくつろぎたいのに、四六時中一緒で話をされてしまうと息が詰まりそうになるものです。

話をするのが好きな女性は多いですが、あまり頻繁になりすぎると女性も疲れたと感じる事が多いので気をつけましょう!

MENU