忙しいアナタにハトムギ茶のような休息を

派遣の仕事の断り方!次の紹介に繋がる上手な断り方とは

派遣会社から紹介された仕事が希望に合わない仕事だったら、どんなふうに断っていますか?

断り方によっては次に紹介してもらえる仕事が分かる場合があるそうです。

断るタイミング別の断り方や断るときのポイントについてまとめてみました。

タイミング別!派遣の仕事の断り方

【仕事の紹介を受けた時点で断る場合】

派遣会社のコーディネーターから派遣の仕事の紹介を受けた時、この時点で紹介された仕事を受けたいと思わなければ、はっきり断って大丈夫です。もしも時給が安い、残業の多い仕事不可など明確な理由があれば、その理由を正直に伝えると次の仕事を紹介する時の参考にしてもらうことも出来ます。

その場ではっきり断るのは失礼な事ではありません。悩むふりをしたり、曖昧にしてしまう方が迷惑を掛けますし時間の無駄にもなります。

【職場見学後に断る場合】

仕事の紹介を受けた時点で断る場合は、時給が安いなど明確な理由があって断りやすいと思います。良さそうだと思って職場見学に行ったものの、引っかかるところがあって断りたいと思った場合は、少し慎重に伝える必要があります。

職場見学まで行ったということはコーディネーターから紹介を受けた時点では条件的には合っていたという事です。

しかし、実際はちょっと時給が安いけど受けてみようかな~くらいの軽い気持ちで受けたけど職場見学に行って雰囲気が合わずに気が進まないという人も多いと思います。

派遣先の職場の雰囲気が合わないと言うのはちょっと言いにくい理由だと思いますが、それは正直に伝えて良いでしょう。

ただし、申し訳ないと思っていることが伝わるように伝える必要があります。

派遣の仕事は断り方次第で次に繋がるか決まる!?

紹介された仕事を断ってもまた紹介してもらえるようにするには、断り方も大切です。断り方のポイントは丁寧な姿勢だけど断る時ははっきりとです。

紹介された仕事を断るときは、その仕事のどこがダメで断るのか理由を説明しましょう。この時に、自分の希望を伝えて担当者に理解してもらう事も次に繋がるために必要な事です。

自分の希望が伝わっていないと何度も希望と合わない仕事を紹介されるので時間の無駄になってしまいます。

なお、希望に合わない仕事だとしても、紹介して貰えたことに対する感謝の気持ちを表すことを忘れないようにしてください。

例えばメールで答える場合の文例です。電話でも応用できます。

「いつもお世話になっております。
この度はお仕事を紹介していただきありがとうございます。
せっかくご紹介いただいたのに申し訳ありませんが、私の希望する勤務地は都内のため、今回は辞退させていただきます。

なお、勤務地は都内を希望していますが、通勤時間○時間以内の範囲であれば対応可能です。

今回ご紹介いただいた仕事は、勤務地以外の条件は合っていましたので、同様の仕事案件がありましたが、引き続きご紹介いただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。」

複数の派遣会社に登録して仕事紹介が重なった場合の断り方

仕事を探している時に複数の派遣会社や一般の求人に並行して応募している場合があります。派遣会社から仕事紹介の話しが来た時に、他の派遣会社の職場見学の予定や話が進んでいる場合もあるでしょう。

他の派遣会社の仕事で話が進んでいる場合で、そこでの仕事をやりたいのであれば他の派遣会社のお仕事紹介はその場でお断りしましょう。

断る時のタイミングは話をすべて聞き終えてからではなく話を聞く前の方が良いです。どんな仕事なのか興味があって話を聞きたくなるかもしれませんが、受けるつもりがないのに話を聞くのは失礼ですし、コーディネーターに無駄な時間を使わせてしまいます。

基本的に電話で紹介を受ける場合は「紹介したい案件があるのですがいかがでしょうか?」とコーディネーターから前置きがあると思います。そこでお断りをしましょう。最初に断ってしまった方が約束を守れる常識的なスタッフとして印象が良いです。

断るときは「ご紹介いただけるのはありがたいのですが、他社さんから頂いたお話が進んでいますので、今回は辞退させていただきます。今進んでいる仕事が決まらなかったばあいはまたぜひ紹介していただきたいと思いますので、その時には私の方から連絡させていただきます。よろしくお願いいたします。」と言えばいいでしょう。

派遣の仕事を断りにくいときは嘘を付いていい?

例えば、他の派遣会社で別の仕事にエントリーしているのに違う会社から聞かれたら気まずいので嘘をつきたくなる気持ちは分かります。しかし、嘘をつく必要はありません。

他の派遣会社にエントリーしているか聞かれることが良くありますが、正直に言ってもそれが選考に支障をきたすわけではありません。

御社だけです!とアピールしても、紹介された仕事が決まるかどうかは最終的には派遣先次第になります。派遣では面接は禁止されていますが、他の理由を付けて面接を行い合否を決定しているのは事実です。

正直に答えた後の派遣会社の態度をチェックするのも、自分も守るための手段です。正直に他の会社にもエントリーしていると答えた途端態度が悪くなるような派遣会社は今後のお付き合いを見直すべきです。

派遣の場合、雇用が安定していませんので、長く付き合っていける派遣会社を見つけることが大切です。

登録型派遣は常用型の派遣と違って、仕事をしていない期間は派遣会社とスタッフの間に雇用関係はありません。上司と部下でもないので、相手に気を使って嘘を付く必要もないのです。

そもそも派遣の仕事を断ったらもう紹介してもらえないのでは?

休職中なのに何度も何度も断っている場合や職場見学まで行って何度も断っている場合は、マークされて紹介されにくくなることはあります。しかし、数回断っただけで紹介してもらえなくなることはありません。

もしも断った後に紹介してもらえないなら、あなたの希望条件やスキルとマッチする仕事の案件がない可能性もあるでしょう。

職場見学まで行ったのに断るのは仕方がない事です。派遣に関わらず実際に働きだしたら職場や社員の雰囲気に違和感を感じたり合わなそうだと感じる事もあるでしょう。

それが派遣でも起こりうることは派遣会社も想定しています。ですから職場見学に行った後でもどうしても無理だと思ったら出来るだけ早く辞退したほうが、派遣会社もリカバリーしやすくなります。

例えば、会社は新入社員に内定辞退されるより一通りの業務研修を終えた後に辞められた方が嫌なはずでそれと一緒です。

MENU