忙しいアナタにハトムギ茶のような休息を

忙しいアナタにハトムギ茶のような休息を│ハトむぎ情報局

離乳食でバナナを与える量はどのくらい?月齢別の量の目安

2018.1.11

甘くておいしいバナナは、離乳食にも取り入れやすい食材で、赤ちゃんも大好きです。

赤ちゃんが大好きだからと言って、バナナを欲しがるだけ食べさせてはいませんか?赤ちゃんの月齢によって、バナナを与える量に違いがあります。

離乳食でバナナを食べさせる時に気を付けたいことをまとめました!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

新生児が寝る時にもがくような動作!これって何かの不調?

新生児の赤ちゃんが寝る時にもがいている姿をみたことがあるママもいますよね! 新生児が寝ている時...

生後8ヶ月の赤ちゃんが歩くのは早すぎ?歩くようになる目安

赤ちゃんが歩くようになるまでは、ハイハイや伝い歩きなどを経験して、だんだん歩き出すようになっていくで...

子供との会話はいつから?声掛けの秘訣!悪口は子供に悪影響

子供との会話。 赤ちゃんのお世話をしていると、いつ頃から会話を楽しむことができるのか気になりますよ...

赤ちゃんの唇が切れたのは何が原因?赤ちゃんの唇あれこれ

赤ちゃんの唇が切れてしまったら、慌ててしまいますよね。 赤ちゃんの唇が切れたのは乾燥が原因?そ...

赤ちゃんの便秘!7ヶ月なら○○が不足も!新米ママのあれこれ

離乳所が始まった赤ちゃんは便秘になりやすいと言われていますが、その一番の原因は「水分不足」だと言われ...

赤ちゃんの足が太いような・・赤ちゃんの体形悩まなくていい?

うちの赤ちゃん、足が太い気がする・・・うちの子だけ?と悩んでいつママさんへ。 それは遺伝による...

離乳食が便秘の原因に!?7ヶ月の赤ちゃんの便秘解消法とは

離乳食を始めると便秘になる赤ちゃんが多いと言われています。 実際、赤ちゃんの便秘に心配している...

赤ちゃんが牛乳で下痢を・・うちの子は牛乳は飲めない体質?

赤ちゃんに牛乳を飲ませたら下痢をしてしまった…。 アレルギーなの?赤ちゃんが下痢をしたら親は心...

4ヶ月の赤ちゃんのミルクの量が少ない!飲まないワケは○○!

一生懸命に子育てをしているお母さん、いつも頑張っていてとっても素敵です!今まで育児をしたことがない人...

産後に夫の実家で過ごすのはストレス?先輩ママの体験談も

出産前や産後に夫の実家に里帰りをすることについて、皆さんはどのように思いますか? 「え!大変そ...

赤ちゃんの昼寝!寝かしつけの時の小技や赤ちゃんの昼寝事情

赤ちゃんを育てているお母さんは昼寝のときに寝かしつけに困ったことがあるのではないでしょうか? ...

赤ちゃんや子供が便秘でぢになった時の対処法と予防策

小さな赤ちゃんや子供が便秘でぢになった時、痛がって排便出来ない時にはとても焦ってどうしたら良いのか悩...

スポンサーリンク

離乳食にバナナを食べさせる時の量について

離乳食出場難を食べさせる時、離乳食の時期によって食べさせても良い量に違いがあります。

・離乳食初期・・・約20グラム
・離乳食中期・・・約40グラム
・離乳食後期・・・約60グラム

初めの頃は、スプーン1杯くらいを目安にスタートしてみましょう。

■バナナの下ごしらえ方法

・離乳食初期
バナナをすり潰し、お湯などで伸ばしてペースト状にします。バナナをラップに包んで指で潰すととっても簡単です。

・離乳食中期
バナナの形を少しだけ残して、赤ちゃんが歯茎でつぶせるくらいの固さにしましょう。

・離乳食後期
粗くつぶしたり、赤ちゃんが食べやすい大きさに刻んであげるようにしましょう。
手づかみ食べをする赤ちゃんもいますので、赤ちゃんに合った調理法にしましょう。

離乳食の味付けは薄味にするのが基本です。

バナナはそのままでも十分な甘さがありますので、特に調味料を加えなくても問題はありません。

離乳食でバナナを大量に食べさせるのはNG!

バナナはとっても甘くておいしい果物です。
1本はすぐに食べられますよね!

でも、バナナのカロリーは結構高めで、1本あたり100キロカロリーにもなるんです。

ご飯一善・150グラムのカロリーが250キロカロリー前後、100グラムですと170キロカロリー前後になります。

リンゴは1個で150キロカロリーほどになりますので、ご飯とリンゴの中間くらいのカロリーということになりますね。

赤ちゃんの胃は小さく、離乳食もたくさん食べることが出来ません。

バナナを食べさせすぎてしまうと、ほかの離乳食が食べられなくなってしまうこともありますので、たくさん食べたいと言っても、好きなだけ与えるのはやめましょう。

また甘い味が気に入ってほかの味の離乳食を食べなくなってしまうことも考えられますので、バナナを与える量には気を付けて、与えすぎないようにしましょう。

離乳食でバナナを食べさせる時は量に気を付けている?

離乳食で赤ちゃんにバナナを食べさせるとき、先輩ママさんはどのように与えているのでしょうか?体験談をお聞きしました。

「1歳くらいからバナナを食べるようになり、とてても大好きな食べ物の一つです。それまでバナナを与えなかったのは特に理由があるわけではなく、ほかの物で量がたりていたからです。

バナナはとっても甘いので量を決めて食べさせた方が良いのかなと思っていましたが、食べムラが出てきてしまったので、食事に抵抗を持たせてはいけないと思って1日1本は食べさせていました。

食事が嫌だと感じてしなったら、好き嫌いも増えてしまうかもしれませんしね。

今では食べムラもなくなりましたので、おやつの時間にバナナを食べさせています。

バナナが大好きなようで、バナナを見るとニコニコしていますよ!」

離乳食でバナナは大活躍!常備しておこう

生後7か月頃の離乳食の量の目安はどのくらいが良いのでしょうか。

計量スプーンで覚えておくと、とっても簡単になります。

◎1日の食事の1回の量

・おかゆ・・・大さじ3杯半~5杯半
・野菜・・・大さじ2杯~3杯
・豆腐などのたんぱく質・・・大さじ1杯より少なめ

このように覚えておくと、食べ残すこともあまりないでしょう。

また、量が足りない時は少し多めに作るようにしましょう。

赤ちゃんが離乳食を全て食べてしまっても「まだ食べたい!」という時があるかもしれません。

こんな時に大活躍してくれるのが「バナナ」です。すぐに使うことが出来ますし、調理もとても簡単です。

また、「ひきわり納豆」も離乳食に使える便利な食材です。

冷凍保存をして、使う時だけ適量をカットして取り出せばすぐに使うことが出来ます。

冷凍のうどんも離乳食に便利な食品です。

色々な味付けやレシピにアレンジして使うことが出来ますよ!

離乳食にかかる手間を減らす良い方法は?

月齢によって量や調理法が変わってい来る離乳食は作るのに手間がかかりますよね。

それに加えて家族の食事の支度もしなければならないし、いつもしっかり量を測って離乳食を作るのはあまり効率が良いとは言えません。

なるべく負担を軽くする方法はないのでしょうか?実際に先輩ママが行った工夫について聞いてみました!

「子供の離乳食で大変なのは手間がかかることですよね。

そこで私は

・最初だけきちんと量を測って次からは目分量で測る
・冷凍できる離乳食は一度にたくさん作って小分けにして冷凍しておく
・出来ない時は無理をせずに市販のベビーフードを使う

というようにして離乳食にかかる負担を減らしていました。

毎回量をしっかり測って作るのは相当の手間になります。

赤ちゃんが離乳食を食べる量はいつも一定ではないですよね。
食べない日もあれば食べる日もあります。

だから多少量が前後しても、あまり気にせずにいることにしました。

足りない時の為にバナナを常備して置いて、デザートとして食べさせていましたよ。
バナナは簡単に調理できるのでとても便利な食材です。」

離乳食で悩んでいる方はぜひ取り入れてみてください。

この記事の編集者

ハトムギ情報局

ハトムギ情報局

ハトムギ情報局でゆっくり休んでいってください。何かの役に立てるもの見つかるかもしれませんよ。

WEB SITE : https://hatomugi-info.com

 - 知識を持って育児を!赤ちゃんのこと