忙しいアナタにハトムギ茶のような休息を

男性はメールが苦手な人が多い!男と女のメールの価値観とは

メールが苦手だと感じている男性は多いと思います。

なぜ男性はメールを苦手だと感じるのでしょうか?それには男女の考え方の違いが関係するようです。

そんな男性がメールを苦手と感じる理由についてなどご紹介します。

男性はメールが苦手…。理由は男と女のメールへの価値観の違い?

メールをすることにあなたはどのように感じますか?特に苦痛に思わずに簡単にメールすることができるでしょうか?

男性と女性ではメールへの価値観が違うと言われています。

男性はメールがきたら読むけど返信を打つ時間がなかったりして、後でいいやなどと時間が過ぎて行ったりします。決して相手を適当に思っているからではありません。
男性にしてみればメールはその程度の物なのです。

しかし、女性の場合はメールに対する依存が強いものです。ちょっといい内容のメールだというだけで、気分がよくなったりします。そのくらい女性はメールに依存してしまうのです。

また、メールの必要性についても全然違います。男性は本当に必要のある時だけメールをするような人が多いですが、女性は意味のないメールもします。

そして、何度も何度もメールするのも女性に多いものです。男性はただの伝達の手段の1つに過ぎないのに、女性はメールで繋がっていたいと思い1日に何度もメールしたりします。

そして、返答がないときに「なんで返事を返してくれないの?」とか入れていませんか?

返答がないときにこれは絶対にやめましょう。返信が欲しい場合でも「気長に待ってるね」くらいの内容にしましょう。

またメールの内容も質問ばかりしてないでしょうか?質問ばかりしていると相手は疲れてしまいます。

「今日もお疲れさま」などと思いやりのあるメールをするようにしましょう。意味のないメールばかりしていると面倒と思われるかもしれませんよ。

男性がメールを苦手とする理由!男性のメールへのスタンス

男性と女性ではメールに対する考え方が違います。男性がメールをするときは業務的な物が多いです。

男性は仕事などで報告にメールをつかったりすることが多いので、女性とメールをするときにも簡潔なメールになりがちです。

仕事を主として考える男性は女性のように細かくはメールをしないものです。

特に仕事をしているときは仕事に集中しているので、メールが来たとしても目を通すけどその程度までとしている人がほとんどです。

仕事中にプライベートな内容のメールをする男性はほとんどいないようですよ。

男性からするとプライベートのメールは面倒と感じる事が多いものです。ですが、付き合い始めや好きな女性を振り向かせようと努力している時は違います。

まめにメールをして自分を見てもらおうと努力します。なので、前はまめにメールしていたのに、メールの回数が減ったという場合、それが彼の本当の姿ということになります。

そして、男性は感情をメールで伝えるのが苦手です。疲れたくらいは伝えるけど、それ以上の出来事についてなどは伝えられる人があまりいないのです。

メールが苦手な理由は様々!メールが苦手な男性の声

男性がメールを苦手だと感じる理由はいろいろあります。ここでは、実際にメールを苦手と感じる男性の気持ちをご紹介します。

・メールをしようとしてもどんな話題についてメールしていいのか悩む…。メールの内容を考えているだけで時間がどんどんたってしまい返信が遅れてしまいます。

このように女性は気軽にメールをしているつもりでも男性はものすごい悩んでしまっているかもしれません。やり取りをする中で、もしかしてっと思う場合は質問してあげるなどの気遣いをすると男性も返信しやすいと思います。

・絵文字を入れるのがめんどくさい…。女性からのメールにはいろいろな絵文字が入っていたりします。それに、何もなしで返すのはちょっとと思い頑張って絵文字を入れようとするけど疲れる。

など女性は簡単に入れている絵文字でも男性は苦手に感じるようです。男性からのメールが絵文字のないメールだとしても丁寧なメールなのであれば男性なりに頑張っているという事を理解してあげましょう。

・メールの文章だけでちゃんと言いたいことが伝わっているのか不安に感じる…。

このような男性はメールが長くなりがちです。文章にたいして不安を感じているので、答えやすい内容のメールにするのが相手とのメールを続けるポイントになります。

・文章だけでは相手の気持ちが分からず読むときにも疲れてしまう…。

相手が何を考えてメールを送ってきたのかが分からずに何度もメールを読み返したりしていることがあるようです。

相手の事を好意に思っているような内容もまじえながらメールをするとこのような男性に伝わりやすくメールしやすくなるかもしれません。

メールが苦手…。相手にそのことを事前に伝えましょう!

メールが苦手だと感じるのであれば相手にそのことを伝えるのも1つです。相手がメールが苦手だという事を知れば、メールをするときに気遣ってもらえますよ。

苦手な事を隠しておくと、へんな誤解をうみ喧嘩の原因になってしまうなんてこともあります。苦手だという事を知るだけでこのような事は減ります。しっかり伝えましょう。

また、メールが苦手な人はブログなどで一行日記をつけるのをおすすめします。今の気持ちを文章にする練習になります。

ブログはちょっとという方はノートでもいいので書いてみましょう。そして、一行日記を普通につけられるようになったら、単語のキーワードを考えされで文章を考えて見ましょう。

このようにしていくと考えていることを文章にする力がついてきますよ。

メールが苦手な人がいることを理解しよう!あきらめも大切!

メールが苦手な場合そのことが原因で喧嘩などになることがあります。

メールが苦手な場合でもはじめは頑張ってメールするものです。ですが慣れたころに本当の自分が出てきてメールが原因になり関係がおかしくなるなんてことも多いのです。

なのでメールが苦手な場合はキチンと相手に伝え、伝えられた方は苦手な人もいるんだという事を理解し上手にお付き合いをしていってくださいね!

メールが苦手・好きじゃない人へメールしても返信が返ってこなかったりとあなたがイライラするだけです。そういう人は電話で直接要件を伝えましょう。どうでもいい返信のいらないことのみメールで対応するとあなたのストレスは軽減されるでしょう。

MENU